今年もよろしくお願いします。

8月17日
勝敗予想の星取がたまに6勝1敗くらいで好スタートを切るも、結局8勝7敗にとどまるときの朝潮みたいになってて草生える。
しかし、第4試合で鶴岡東が勝ってれば、東北勢同士の決勝もありえたんだけどなあ…
育英と光星は両方勝っても十中八九4強で直接対決でしょう。。

8月14日
今年の宇部鴻城にはひとかたならぬ思い入れがあるんですよね…もう十分楽しめたし、このチームに賭けて散るのも一興と思えるほどに。
予想は台風明けの16日に10敗した場合はその時点で終了。負けなければ最後まで行こうかな。

8月4日
ざっと週刊朝日読んでから改めて組み合わせを見ていたら、妙にスラスラ勝ち負けが浮かんできた。こういう閃きは大事にしたいので、先に勝敗予想の方から埋めてみました。

8月3日
ぱっと見だけで、これほど8強予想に絶望感を抱くのは初めてかも(汗)
まあ、展望2冊も届いたし、じっくり読み込んでから開幕前日に投稿しようと思います。

7月30日
最終日に徳島で議席をとって19フィニッシュ。来年は+3以上を目標に、より手堅く(もはや中穴派とは呼べない水準まで)行きたい。少なくとも20議席越えはノルマと自らを叱咤しつつ、また秋以降の情報収集に務めていきたいものです。
頃合いとか張り合いとか色々踏まえるに、大手大会等への参戦も検討してみて良いのかななどと考えていますが、まあ今の時点でどうこうすることじゃなかったですね。
とりあえず今日からは本大会に向けての準備を進めていくだけ。2日発売の週刊朝日が届く前から出来る限りのことはやっておこう。

最後になりましたが、今大会限りで選手権予想を引退される球串さん、長い間本当にお疲れ様でした。そして、これまで当方が主催する数々のゲームにご参加いただき誠にありがとうございました。


7月29日
昨日に続く5地区的中で、残り1地区を残し計18議席を確保しました。兵庫で喫した痛恨の1敗により20の大台には届かなくなってしまいましたが、本命路線復活1年目としては決して悪くない水準。20議席の回復やそれ以上の数字については来年に取っておくということでいいでしょう。自信はありますので。

P.S.
8月以降の更新については、8強予想&全試合予想(原則10敗時点で終了)を予定しています。
また、各種参考資料記事も手短に更新しておきましたので、ざっとだけでも読んでもらえれば。

7月28日
本日は予想校が6地区の決勝に登場し、一番取りたかった岡山以外の5つで議席獲得というありがちなパターンでした(苦笑)
それはともかく、何よりの朗報は贔屓校の一つである高松商の23年ぶり復活。ここに明日の広島商や明後日の池田が伴えば古豪マニア的には大歓喜の大会なのですが…


お膝元の奈良では、4日前に書いた通り高田商が上がってきましたね。決勝進出は04年以来、このときは4強で智辯相手に劇的な逆転サヨナラ勝利を収めての勝ち上がりでした。

7月27日
残り15地区で残機を残し、現在の的中数は8。都合よく考えても15議席前後の着地が妥当なところでしょうか。事前にはかなりガチガチのメンツで挑んだつもりでしたが、結果的には更にもう3~4地区ほど堅く組んでも良かったなあ…というのが今年の反省点。
各地区の予想を提出するタイミングも、さらに後ろ倒しした方が色々な意味で実り多いことに気付いたので、来年は出来る限り最後の最後まで空欄の地区を多く作っておきたいなと思います。

7月24日
決勝地区3つとも取りましたが、昨日予想してたのと同程度に響いてこないです(苦笑)寧ろおなじみの香川で落としたことに験担ぎ的な安堵感を抱いたり。
お膝元の奈良では、珍しく秋春振るわなかった高田商が試合を重ねるごとメキメキと強くなってきました。赤坂さんの采配・起用もズバズバ当たってますし、豊富な投手層を考えても台風の目になる可能性は十分にあるでしょうね。


7月23日
敢えて触れないようにしてきた今夏予選最大の悲願が絶たれました。現在、当分立ち直れないほどのショックを受けています…
明日は指名校の決勝もたくさん組まれていますが、全部勝とうが全部負けようがほとんど心に響いてこないでしょうね…


7月22日
いざこの時期になると、なかなか更新の時間を取れませんが、まあ順調に負けてます。
早く片目を空けたいというのが切実な思い。興南&あの試合展開で落としたというのはあまりにも痛かったですね…


7月12日
予想完了しました。現状、魔の3連休を前に無傷のまま来られているので、明日からの3日間、何とか少ない被害で留まってくれることを願うしかありません。

7月5日
明日明後日開幕の地区、細かな部分の修正はしましたが、本命は変えてません。福井・富山も変えないので、後は香川と三重かなと。もう少し悩んでみよう。

6月30日
とりあえず抽選が決まった地区の予想は終えDられた。当然変更含みですが、何があるかわからないので、一応でも埋めておかなければ安心できないですから。。
今のところ初出場校の指名はなし。どうせ20以上は外すんだから、変にバランスをとって予想が難しい初出場候補をぶっこむ必要性は薄いとの判断からです。

6月28日
この土日で空欄の大半は埋めてしまいたいところ。天候的に何とかやれる地域も多そうなので、最後の練習試合情報も十分参酌した上で決めたいですね。


6月22日
奈良県の方のブログに目処が立ったので、今日から1日1校ずつ地道に予想をしていこうかな…

6月18日
選手権予想、こちらでは本命49校の一覧のみ掲載します。第1弾の3地区は、3紙誌じっくり読んでから決めますので、21日の夜を予定。他地区も開幕2日前~前日の提出を基本にするつもりですが、その際くれぐれも開幕日の確認だけは怠らないようにしないと…ですね。

4月11日
昨日の延長10回・12失点を契機に、何なら去年あたりより観たい気持ちが抑えられなくなってきました。暫くの間カープにかかりっきりかもしれません(笑)
応援というのもあるけど、どこをどうしたら上向くのかを考えて、それがどれだけ具体化するのか等、野球そのものを勉強する上でも格好のタイミングに思うんですよね。


3月29日
終わりますた。また夏に頑張ろう。
特段勝ってほしいチームもないので、明日・明後日は本当に純粋な気持ちで甲子園を楽しもうと思います。


3月28日
高松商敗退・星稜苦戦の情報に接し、取り急ぎ私に出来ることは、(心の中で)土下座しながら昨日書いた「フラグ文」を抹消することでしたが(笑)悪あがきも虚しく、痛恨の2敗を喫しました。
習志野とか典型的な「低下馬評の関東勢」だけど、さすがに買えませんわ…

ってことで明日で終わる可能性がきわめて高い様相。散ったら散ったで特定校への肩入れなく観れる久々の週末を大いに堪能しようと思います。


1月21日
熊本西の記事を見てからもう少し悩むつもりが、即決レベルだったので早々に決まってしまいました(汗)
この時期に予想をすると、とてもじゃないけど理由にまで手が回らないのは反省点ですね。


※21世紀枠のみ補欠校の予想も行います。

21世紀枠 
東:金津 西:熊本西 3枠目:八尾 補欠:①釧路湖陵②古川


一般枠 ※今年は選出順を考慮していません

北海道
札幌大谷・札幌第一

東北
八戸学院光星・盛岡大付

関東・東京
桐蔭学園・春日部共栄・習志野・山梨学院・国士舘・東海大菅生

東海
東邦・津田学園

北信越
星稜・啓新

近畿
龍谷大平安・明石商・履正社・智弁和歌山・市和歌山・大阪桐蔭

中国・四国
広陵・米子東・高松商・松山聖陵・富岡西

九州
筑陽学園・明豊・大分・日章学園



1月19日
毎日新聞の熊本西に関する記事を読んでから決めたいので、週末の予想提出は断念。23日までに書いて、24日提出の運びになりそうです。

1月8日
コメ欄でご要望を頂いた4年間の予想一覧は豆データブログの方に上げましたので、参考資料としてご覧いただければと思います。