愛媛
<システム・監督>
木山→間瀬
愛媛伝統の3-4-2-1を継続するだろう。間瀬監督が昨季まで率いた秋田でも同様のシステムを採っており、基本的な戦術について大きく異なることはないはず。
ただ、昨季までは前線に阪野・瀬沼という長身選手を2枚擁していたゆえに、ある程度ロングボールを入れていく形も多かったのが、今季は前線の基準になれそうなのは強いてあげても有田くらいなので、より前でハメていく形を増やしていかざるを得ないところはあり、その点を強みと出来るのかどうかが1つの見どころになるのかもしれない。

<GK>
秋元にせよ、児玉にせよ前所属クラブでは殆ど実績のない選手だったが、愛媛へのレンタル移籍で才能を開花させており、児玉を引き抜かれた今冬にも何らかの動きがあるかと予想されたものの、現有戦力への自信故か、あるいは活躍を恐れた他クラブとの交渉が纏まらなかったのか、大卒の馬渡以外に新加入選手はなく、大西、曵地の放出により、原、パク・ソンス、馬渡の3人体制に。
現時点ではシュートストップのみならず足下の技術にも長けていた児玉の穴はきわめて大きいと言わざるを得ないが、上述したような実績もある愛媛だけに、何とかしてくれるのでは?という期待感はある。
個人的には馬渡という選手が気になるところで、選手名鑑を見るとロングフィードの正確性という表記はあるのだけど、ビルドアップに関わっていくようなプレーに関してはどうなんだろう?

<DF>
木山監督とともに山形へ移籍した茂木の穴を埋めるべく、間瀬監督とともに秋田からやってきた堀田の存在が楽しみ。右の林堂、左の浦田は健在で中央が固まれば、昨季同様の質は維持される。
あるいは、昨季長崎で3-1-4-2のアンカーを務めた田中がこの位置に下がって定位置を掴む可能性もありうるか?

<MF>
WBは内田が抜けたとはいえ、現有戦力の玉林、三原、白井は残り、新たに小池、小暮と獲っているし、全員が左右問わずにやれるので、枚数的な不安は乏しい。
内田の穴を埋める存在としてもっとも期待が大きいのはベテランの域に入りつつある小池か。ただ、穴を埋めると言っても、両者はまったくプレースタイルが違う(一番わかりやすいところで言えば、内田は得意の左足でクロスを上げるのが基本だけど、小池はこの位置で使われる場合はカットインしてフィニッシュに持ち込むような狙いも多くなるのかなと)し、小池自体移籍経験は豊富なれども3バックらしい3バックをやったことがあったっけ?という心配はあるのだけど、戦術にフィットすることさえ叶えば、十分に役割は担えるはず。
闘将時代の水戸ちゃんファンとしては(何年連続で書き続けるんだろうw)、個人的に愛着ある愛媛に来てくれて、3バックのワイドという新境地でキャリアハイの数字を残してくれれば嬉しい限りだなと願っています。

ボランチは小島、藤田の名コンビ+新10番安田の現有戦力3選手を慰留出来たのが本当に本当に大きく、ここに「猟犬」型の実力者田中まで加えられたのだから、戦力値はアップしたと評しても良いだろう。

<FW>
2シャドーは攻守ともに不可欠な戦力であった瀬沼の退団は痛恨も、前札幌の神田と新卒の丹羽を加え、現有戦力の河原、近藤、今季から正式にFW登録の鈴木も加えた熾烈な定位置争いが起きている。役割としては昨季以前と比べ、WBの選手と攻守でいかに連携していくかが問われそう。
大化けが期待できるのは鈴木か。前所属の鹿島ではSBとして使われていたものの、ユース年代ではずっとFWの選手。スピードが最大の武器も、今年の愛媛には貴重な高さ(180センチ)もあり、守備の献身性や連動性が磨かれていけば、一気にレギュラー定着の年となっても不思議ではない素材だ。

1トップは阪野の穴を埋めるべく、12年に在籍し14ゴールを上げた実績のある有田が復帰。その後の神戸・京都では十分に地力を発揮したとは言いがたく、古巣で改めてその価値を証明するシーズンにしたい。昨年は怪我に泣いた西田も復活叶えば貴重な戦力。また、前述の鈴木をこの位置で使う可能性も。


<総合>
児玉や茂木の退団で後方からのビルドアップに不安が残り、内田の退団でセットプレイからの得点力が翳り、瀬沼、阪野の退団で前線の高さを失ったことの痛手を現段階で否定することは難しいし、24名という保有人数も少ないので、追加の補強を望みたいのが正直なところ。
とはいえ、しっかり守備に献身できる陣容は整っていると思うし、指揮官による守備の構築具合にも信用は置ける。
冒頭で記した通り、採りうる戦術が限られる以上、早期に連携を向上させ、序盤からある程度勝ち点を稼いでいくことが出来れば、ひどく低迷するような事態には陥らないのかなとは思う。逆に序盤苦しみ、運動量の落ちる夏場を下位で迎えるようなら雲行きが怪しくなるかも…
何となくエヒメッシが居た年に近い陣容という印象もあって、あの年も最初良いスタートを切れたので、中盤以降伸び悩んでも余裕を持って残留というシーズンには出来ましたから、今季もそういう滑り出しが出来ればなと…


松本
<システム・監督>
昇格PO敗退を経て、反町監督が続投を決断。システムは不動の3-4-2-1を採るが、初のJ1昇格を果たした一昨年の苦い経験から、昨年は支配率を高めるため、後方から繋ぐスタイルも模索し始めていた。
ただ、まだまだ試行錯誤の段階というところで、今冬貴重な担い手であったGKシュミットと左CB喜山がチームを去り、代替の補強もさほど上手く行っているわけではない現状だけに、あまり「継続」の路線を押し進めて行こうとしすぎると落とし穴にハマりかねないんじゃないかという気も…

<GK>
前述のとおり、シュミットが抜けて代わりに村山が2年ぶりの復帰。シュートストップの面では前任者に匹敵し、またシュミットのように最終ラインからパスを繋いで行くタイプではないとはいえ、その分ロングキックの飛距離はあるので、前線に高い選手がいる松本のようなチームなら十分元は取れる戦力と言えるのだけど、あくまで繋ぐこと重視なら、鈴木とか違う選択もあったりするのかも。

<DF>
バリバリの主力だった左CB喜山を契約満了にしたのはよく分からなかったものの、ビルドアップという点で考えれば、徳島から獲った橋内が右に入ってその役割を担う可能性はある。ただ、中央は飯田、左はかつて鳥栖で在籍していたヨ・ソンへとすれば、やっぱりガンガン前からプレスかけられたりしたときに、後ろから繋いで行く攻め方を上手くやるには困難が多いのかなと…
他に後藤、當間、安川、谷奥らがいるので選手層に関しては問題なし。

<MF>
ガチムチ路線で行くなら今年も岩間とパウリーニョのコンビが鉄板。最大の得点源とも言えるセットプレイにおける一流のプレスキッカー宮阪や経験豊富な武井もいて、さらに今季は鳥栖から岡本(昨季は湘南に在籍)も加入した。テクニックに長けた選手ではありつつ、ハードワークを求められるユン監督時代の鳥栖でも十分適応出来ていたが、近年は怪我に泣いているだけに攻守のつなぎ役としてどこまで輝きを放てるだろう。トップフォームを取り戻すならば間違いなく貴重な戦力となるはずだ。
WBは田中(右)、那須川(左)のレギュラー陣にフル稼働を求めづらい状況で、新戦力として右に星原、左にジエゴが加わった。星原は北九州で高い攻撃性能を証明済みだが、大型のレフティー・ジエゴもキャンプ、TMで上々の評価を得ているのは楽しみ。ロングスローも投げられるみたいなので、他クラブからすれば、岩上在籍時の脅威がまた…ということになるのかも。
守備も最初のうちは同サイドのパウやソンへが上手いこと助けてくれるはずなので、徐々に慣れていけばってところなのかなと。

<FW> 
2シャドーでも新助っ人のセルジーニョが好アピール。工藤の起用は当確に近く、石原、山本あたりとの熾烈なもう1枠争いになりそう。TM情報探ってる限り、ルーキーの岡もここで使われているみたい。
で、1トップは高崎、三島の長身FWが2枚。途中出場でツインタワーと化したところに(飯田やソンへも加わって)セットプレイのボールが放り込まれたときの恐怖たるや、J2を観ている人ならば、もはや多言を要することもないはず。

<総合>
色々書いたけど、後ろから繋ごうとして上手く行かなかったにしても、どうにか守り切って、最後にはセットプレイ一本で勝ち点3を持っていく個の力があるんですよね。同じことがシーズン暫く続いたとすれば、よりハッキリした形に徹すれば良いことで、またそれが出来るからこその反町監督でもある。
全体的な選手層に関しては去年よりも分厚くなってるし、冒頭に書いたような不安も多少あるにせよ、予想という観点でみれば、なんだかんだ自動昇格を狙える存在の一つでには挙がってくるんだろう。