町田
<システム>
相馬監督が続投し、オーソドックスな4-4-2を継続するだろう。前線からの連動したプレスからショートカウンターに入って、ギャップを使いながら素早くパスを回しorドリブルで抜けだしてのフィニッシュまで持ち込む一方、リスクを犯す必要が無い場面ではしっかり引いて守る手堅さもあり、リードした試合終盤における時間の使い方なども巧み。
チームとしての継続性はしっかりと保たれているとはいえ、何人かの主力選手が移籍や離脱で抜けているだけに、選手層の薄さが気がかりではある。

<GK>
バックアッパーが総入れ替えとなるも、定位置はベテラン高原がガッチリ。
<DF>
CBは昨季のレギュラークラスだったヨンアピンが横浜FC、畠中はレンタル元の東京Vに復帰。現有戦力の深津やキム・ソンギも昨季怪我で長期離脱を経験しており、コンディションに不安がある。
ビルドアップでの貢献度も大きかった前者の代わりは広島からレンタル延長の大谷、対人の強さが光った後者の代わりは深津やキムに加え、讃岐から加入の藤井らが担うことになり、これだけでは層の薄さが心配だったが、新体制発表会のタイミングで長身DFタタールの加入が発表された。本職は右SBながらCBにも対応可能とのことで、1対1の強さや運動量に加え、映像を観る限りは足下も上手いので町田のスタイルにも合っており、しっかり構想の中に収まる働きぶりを見せてくれるのではないか。
SBはそのタタールが右に入る可能性もありつつ、現時点では右に土岐田、左に松本という予想。土岐田、星野が両サイドに対応可能で、大卒ルーキーの大田も加わった。質量ともに不足はない。

<MF>
ボランチはリ・ハンジェ・森村のレギュラー陣、バックアッパーに井上という布陣を崩すことなく、さらに鹿島から高い右足のキック精度などで将来を嘱望される逸材平戸が加入した。鹿島と町田は基本的にはよく似たスタイルを採るチーム同士ゆえ、相馬監督のもと十分に地力をつけて、豊潤なる将来への糧としたい。タイプ的には李(井上)、森村(平戸)というレギュラー争いになるだろう。
OH(SH)は昨季通り行けば右に重松か中村、左に谷澤だが、一昨季に群馬で7得点をあげているレフティーの吉濱が加入し、定位置争いが活性化。過去2年怪我で出場0の戸高も復活の兆しあり。

<FW>
エース鈴木孝がアキレス腱再断裂のため全治6ヶ月と診断され、大きなショックが走った。昨季後半レギュラーをを張った仲川もマリノスに戻り、中村も元来故障がちなだけに、中島と相方を組む人選が悩ましいところ。
期待されるのはやはり加入3年目を迎える大器戸島ながら、戦術的に必ずしも高さを必要としない面もあり(あるに越したことはないですが)、CFをやっていた経験が長く、守備での貢献度も高い重松あたりを1列上げて使う可能性もあるか。

<総合>
2年続けて前年7位クラブが降格しているという、いや~なジンクスは気になるのですが、落ちるほどにとなると、かなり守備が崩れて…ということではあり、町田に関しては組織で守る仕組みがしっかりしていますから、そういう乱れ方は考えにくいのかなと。
ただ、元来故障がちな選手が多く、球際の激しさゆえ、シーズン中に長期離脱する選手や累積警告等での出場停止なども昨年同様多くなりそうな割には、全体的な選手層に不安があることは否めず、追加となる戦力補強の余地は絶えず探っておきたいところ。


岐阜
<システム>
吉田→大木
大木新監督の代名詞とも言えるポゼッション主体の4-3-3を採用するだろう。ボールに多く触りながら連動してゴールへと向かっていけるタイプの新戦力を多く迎え入れ、確固たるスタイルを築きあげるための準備は整った。
当初は安易なミスや切り替えの鈍さから痛撃を浴びる機会も頻出するだろうが、じっくりと腰を据え、組織の成熟に取り組んでいきたい。

<GK>
新加入のビクトルが足下の技術も生かし、定位置に就きそう。常澤、高木の両ベテランが続く3人体制。
<DF>
2年ぶり復帰のヘニキが今季はCBとして起用されるよう。昨年は左足のキックを生かし、ボランチやSHとして起用されていた青木もTMではこの位置で使われており、新監督の志向するスタイルがハッキリと現れている。
SBはともに京都で大木監督とプレーしている田森(右)と福森(左)がファースチョイスか。とりわけ今季34歳となる田森は甲府時代から大木サッカーを経験してきた貴重な「伝道師」とも言える。両者ともCBとして起用された実績もあり、対人の強さを兼ね備えているのは心強い。昨季右SBでレギュラーを張った阿部やルーキーの大本がバックアッパー。

<MF>
中盤の底の位置には、昨季の山口で賞賛を浴びた生粋のパサー庄司が鳴り物入りで加入。ビルドアップの場合はともかく、守備面でのタスクも多いポジションだけにどうなのかな?と思わなくもないけど、シーズンを経てどうなっていくのかを観るのが楽しみでもあり・・・というところ。
インサイドハーフも、やはり足下のテクニックに長けた新加入のスペイン人シシーニョが1枠を確保し、もう1枠をF東京からレンタル加入の野澤と京都からレンタル加入の永島が争う形か。ニワカ丸出しの感想で恐縮ながら、この中盤3枚の構成には結構ワクワクさせられる。 

<FW>
ウイングはTMで謎の練習生Y選手が起用されているらしく、他にもSBの項で触れた大本がこの位置で使われたり、同じ大卒ルーキーの古橋が入ったり、パウロが入ったりで、まだまだ激しい競争のさなかと言ったところ。
実績の少ない選手が多いと言われれば否めないところではあり、全体の保有選手数も少なめなことも鑑みれば、謎の練習生含め、もう2枚くらいは獲っておきたい。
1トップは、2月に入って「第4の助っ人」大型FWクリスチャンの加入が決定。ただ、ビクトル、ヘニキ、シシーニョで枠が埋まるので、当面はバックアップでじっくり戦術を馴染ませていく感じなのかな。映像観た感じだと、デカイとはいえ本質的にはウイングタイプに見えるので、もしかしたらそっちで使うのかも。
興味深いのはここまでのTM等で風間が1トップ起用されていること。典型的な1トップというよりは0トップ的な仕事を川崎にいる頃にも少しやってたよなあ・・・という記憶もありつつ、まあ難波もいるので、色々な選択肢があるのは良いことだよねと(風間はIHは勿論、ウイングもやれると思うので、戦術上のキーマンになるのかなとは見ています)。

<総合>
選手層(現在26名)の部分は、上記の練習生含め、おそらく開幕までにもう1~2枚は加えるはずで、ある程度固定されたメンバーを使っていくであろうことからしても、とりあえずの頭数は足りてるのかなと。
今季は中位浮上が目標となるところ、それだけの選手は揃っており、後はクラブとしてどれだけポジティブな空気を絶やさず、粘り強く「岐阜スタイル」なるものの土台作りを見守れるかにかかっている。


讃岐
<監督・システム>
北野体制がいよいよ8年目に突入。J2屈指の策士は今季も4-4-2をベースに、相手やチーム状況に応じて智慧を働かせながら4-1-4-1や3バックなども併用する構えだろう。

<GK>
不動の守護神シミケンが今季もゴールマウスを守る。
<DF>
CBは藤井が抜け、同じ長身の大卒ルーキー中島が加入。鳥栖の特別指定でカップ戦に出場した経験もあり、期待は大きい。長崎から加入のリ・ヨンジと、京都からレンタル2年目の荻野は本職はボランチも、この位置で定位置争いに絡んできそう。
昨季急造で最終ラインに入ったアランが今季DF登録となっており、計算に入っているとすれば一応枚数は揃うものの、本職と言えるのはエブソンと中島くらい。昨季けが人続出でスクランブルを余儀なくされただけに、欲を言えばもう1枚くらい獲っておきたいところではある。
SBは熊本時代に北野監督の下でプレーしたこともある右SB市村の加入が手堅い補強に。昨季右をやることが多かった西が左に回り、右には武田、左には砂森、長澤(ルーキー)も控える。ただ、ここも元来怪我の多い選手、昨季怪我で長く離脱していた選手が並ぶので、選手層という点には不安がつきまとう。

<MF>
永田、高木、馬場、渡邉のベテラン4人が中心。いずれも中盤の全ポジションに対応可能で、システムの使い分けによって任される位置も違ってくるが(永田は最終ライン、渡邉は右SB、馬場は前線でのプレーも可)、それだけどんなチーム状況であっても重要度が高く、チームの浮沈を左右する選手たちであることは間違いない。
懸念材料はやや守備型のボランチに層の薄さがあること(山本くらいか)。ただ、これも最終ラインの動向と関わっていて、CBをエブソン、中島、荻野、(故障明けの)岡村で回せる公算がつけば、ヨンジをボランチに回すことも視界に入ってくる。

<FW>
J2上位クラスのストライカーである原を北九州から獲得できたことは大きい。1トップなのか、2トップで仲間や木島徹と組むのかはその時によるのだろうけど、だからこそ両方にソツなく対応できるのも心強い。3年連続での二桁得点はノルマだろう。

<総合>
指揮官は強気に今期の目標をPO圏内とした。実際、J2参入時と比べれば戦力的にも格段に良くなっているのは確かなれど、現実的に中位以上を目指すとなれば、カウンターで行くにせよ、ポゼッションで行くにせよ、引きこもるにせよ、もう一味ずつ足りない感は否めない。
そういった上位クラブとの差を、まさに昨季セレッソ相手にダブルを果たした時のような、組織としての奥行きの深さで埋めつつ、また昨夏韓国から渡邉を呼び寄せたようなピンポイントの補強も効かせながら、いかに乗り切っていくか。北野体制の集大成となるような快進撃を期待したい。