順番にはさしたる意味はありません。

山形
<監督・システム>
石崎→木山
昨季まで率いた愛媛の主力が各ポジションにバランス良く数名加入し、順調にフィットしているのは大きい。
システムも、昨季終盤にセレッソとやった時なんかは、中盤が3ボランチだったりもしましたが、開幕時は木山愛媛と同じ3-4-2-1でしたし、それで勝てなかったのは序盤で(これもセレッソ戦でしたが)主力の石川や佐藤に長期離脱が発生したからというのも大きかった。やり方自体には慣れてるはずなので、現有戦力にもあまり戸惑いなく受け入れられているのかなと。

<GK> 
山岸→児玉 影響力の大きい山岸を慰留できなかったとはいえ、木山愛媛で堅守を支えたJ2有数のGK児玉を獲得し、不足はない。 
<DF> 
守備の要だった渡辺が退団も、昨季京都で成長の菅沼、木山愛媛の一員茂木、そして浦和からは実力者の加賀も加わった。現有戦力の石川らも含め、木山監督らしい堅守を構築するには充分な質量が揃っている。
<MF>
両WBは目立った補強こそないものの流出もなく、鈴木雄の起用など新たなオプションも。ボランチはアルセウや3ボランチのIHで新境地を開いていた川西が抜けるも、本田拓の加入は大きい。怪我さえなければ攻守両面で別格の存在感を放つだろう。運動量豊富な松岡とのコンビでスタートしそうだが、群馬から加入の若い中村が地位を脅かすようなら、より楽しみは増しそう。
<FW>
大黒、ディエゴ、林らが抜けた一方、愛媛から阪野・瀬沼、山口から中山、東京Vからは南を迎え入れ、既存の若手有望株である鈴木、汰木、永藤らを含めた1トップ2シャドーの争いは激化。阪野が累積等で抜けても瀬沼が1トップに回ることができるのも愛媛時代同様で、大きく質を下げることはない。
<総合>
スペシャルな能力の持ち主こそいないものの、J2上位クラスの実力者が各ポジションに並ぶ層の厚さがあり、非常にバランスの取れた陣容と言える。守備面の良さには信頼が置けるだけに手堅くある程度の勝ち点は積み上げそうで、後はそこにどれだけ得点力を上乗せして、勝点3で終わる試合を増やせるか。PO圏内は現実的な目標であり、スタートダッシュが上手く決まれば、自動昇格圏も視界に入りうる。


長崎
<監督・システム>
高木体制5シーズン目。しかし、陣容は例年通り大幅に入れ替わっており、早期の連携構築は至難の業だろう。
昨季は開幕時の3-4-1-2で結果を出せず、シーズン途中から田中裕(現愛媛)をアンカーに据えた3-1-4-2も併用したが、田中やIHの梶川が退団したこともあってか、NYCなどを観る限り、今季は改めて3-4-2-1で開幕を迎えることになりそう。もちろん、シーズンの状況に応じて柔軟に対処することにはなるだろうが…

<GK>
正GKの大久保が移籍し、広島から増田が加入。西川や林の2番手であまり出場機会に恵まれてこなかっただけに未知数さは否めないが、3バックに慣れており、足下も上手いので、ニーズに合った戦力であることは確か。
<DF>
チョ・ミヌ、リ・ヨンジらの主力クラスが抜けた上、貴重な昨季以前からの戦力である高杉と村上がNYCでは欠場しており、新戦力だらけの最終ラインでは現時点で不安定さを露呈するのはやむを得ない。GKの増田に加え、田代、北谷らビルドアップに定評のある新戦力を獲っているので、ある程度後方から繋いでいく形を目指しているのかもしれないが、ボランチやWBとの連携も不十分で、まだまだの感。
<MF>
WBは岸田やパクの退団はあったものの、右に飯尾、左に古巣復帰となった古部という経験豊富な戦力を迎え入れた。甲府から加入の福田はNYCで3バックの右に入っていたが、本来はこちらのポジション。両サイドをこなせる中村や左利きのルーキー翁長も居て、ひとまず選手層には不安なさそう。
一方気がかりなのがボランチで、古巣復帰の幸野やレンタル延長の宮本、岡山から加入の島田に、現有戦力の前田、養父、碓井らが加わるものの、ここまでの実戦では展開力の面でも守備力の面でも物足りなさが残る出来。開幕までの期間で補強の噂もあるので、順位予想記事ではその成否も見た上で判断したい。
<FW>
昨季チーム最多得点の永井に、2トップの一角としてよく永井を生かしていた長身FWの佐藤、シャドーとしてもIHとしても奮戦した梶川、途中加入でシャドーとして機能していたペク・ソンドンら貴重な戦力が数多く流出。
ただ、代わりに新エースとしてスペインから1トップ候補のファンマを迎え、清水からは澤田も加入。既存の木村、田中輝、畑(昨季は特別指定)らも含めた陣容は決して悪くない。NYCを観て、収められるし、守備もちゃんとやるしでファンマの目処は付いた感があり、得点力アップに向けてキーになるのは寧ろ澤田がどこまでシャドーとして長崎のスタイルにフィットできるかにかかっているのかも。
<総合>
昇格以降の成績は6位→14位→6位→15位。順番で行けば…ということではあり、一昨年なんかも相当入れ替わりが多い中で結果を出していったので、今季もシーズンが進むに連れ、どれだけ良くなっていくかという楽しみはある。
特に去年と比べても、最終ラインに繋げる選手が多く、WBの機動力も高いゆえ、どれだけその部分を伸ばしていけるのか。やっぱりボランチに一枚ドシッと軸になれるような選手が居れば、かなり違ってくるとは思うので、補強の行方に注目したい。
目標はPO圏、ノルマは10位前後を確保…というあたりになってきそうで、もちろん15位以下という想定もしておかなければならないのだけど、危険水域に入ってくればハッキリ割りきった形の戦い方も出来るチーム(指揮官)なので、降格云々という可能性は低いはず。


東京V
<監督・システム>
富樫→ロティーナ
リーガで数多くのクラブを率いてきたロティーナ新監督のもと、3バックに移行。かなりロジカルに戦術を突き詰めてくるタイプの指揮官のようで、合う選手・合わない選手いるかとは思うし、ある程度成熟に時間も要しそうだが、全体的には良い方向に行くんじゃないかという期待感も。基本技術と戦術理解度の高いベテラン選手が増えたのも一つの見どころ。

<GK>
昨季の正GK鈴木に代わり、C大阪から武田を獲得。昨季・一昨季と控えに回る機会が殆どではあったものの、セービング能力の高さに錆はないはず。ただ、戦術的にキックの精度も求められるだけに、その面での要求に応えられるかどうか…控えの柴崎も決してフィードの上手いタイプではなく、上位を伺うにおいては心配材料と言わざるをえない。
<DF>
井林、平ら昨季の主力に目立った流出はなく、その上ビルドアップの能力に長け、中央でのプレーが期待される実力者の永田(前浦和)やレンタル先の町田で成長を遂げた畠中が加わったことで陣容はレベルアップ。G大阪から加入の内田は、本職のボランチ以外に練習試合では展開力の高さを買われ、右CBでも起用されている。
<MF>
WBは右の定位置確保を期待された澤井がアキレス腱断裂の重傷で長期離脱となったのは痛い。
右に安西、左に安在がファーストチョイスで力量にも疑いはないが、両者とも故障を抱えており(開幕には間に合いそう)、両サイドをこなす高木純の存在は貴重ながらも、やや選手層に不安あり。左足のキックを得意とする中野は切り札的存在として起用か。
ボランチは中後と内田のコンビが高い補完関係のもとに攻守のつなぎ役として安定した力量を発揮するだろう。若い井上と大ベテランの橋本が控え、梶川や田村も対応できるので、質量ともに揃っていると言えそう。
<FW>
2シャドーは高木兄弟に梶川、二川、中野らが並ぶ激戦区で、1トップは練習試合でアランとドウグラス(平本も同タイプ)が併用されている形。タイプ的には違う(前者が裏に抜けたがるタイプで、後者は長身のポストプレイヤーという印象)ので、シャドーの役割も含め、相手や試合状況によって使い分けることになるのかなと。
<総合>
ある種古典的とも言えるロティーナ監督の戦術がどれだけ選手に浸透するのか、また浸透したとして、それがどこまでJ2の舞台で通用するシロモノなのか。PO圏というのは決して楽ではない目標ながら、ハマり具合によっては手が届く可能性はあるのかなと見ている。今季の戦いぶりが大いに楽しみなクラブの一つであることは間違いないだろう。