恒例の大会ベストナイン発表です。地元の選手を胸を張って選出できるというのも、本当に久々と言う思いがいたします。


投手 村上(智弁学園)
浦、早川、市岡、吉高ら枚挙にいとまのない豊作の大会でしたが、5試合すべて投げ切り、わずか失点3(自責は2)で優勝投手となった村上の右に出る者はいない。 
本来の打撃センスからすれば、やや苦しんでいた打撃面でも決勝戦サヨナラ打のおまけ付きが。

捕手  植田(高松商)
センス溢れる好打、好守、好リードで古豪復活の担い手に。九鬼、大澤、後藤との争いも、最後はチームとしての成績差を考慮。四人の総合力には及ばないながら、岡澤もケガに苦しんだ昨秋の悔しさを晴らす見事な活躍を見せた。

一塁手 植田(高松商)
本命不在で、平安の橋本、永石、馬越、智弁の高橋らも捨てがたかったのですが、なんといっても創志学園高田から一発を放ったというのは大きいし、大会を通じてもよく打ちました。
守備においては未熟さを見せたものの、兄弟で選出という機会もそうはないだけに、多少のことには目を瞑ります(笑)

二塁手 納(智弁学園)
美濃、井川との激しい争いも、やはり8強&4強での猛烈な活躍を買って。打撃面はもちろん、平安戦の終盤、2死3塁からボテボテの二塁ゴロを完璧な処理で捌き、追加点を阻止したプレーも圧巻だった。

三塁手 廣部(秀岳館)
強力打線を支えた恐怖の6番打者。一発も放ったが、ハイライトはやはり8強、9回2死からの同点打。評判通りの一撃を放った桐蔭の吉澤、総合力では智弁の大橋、守備では平安の富田も光った。

遊撃手 林中(敦賀気比)
屈指の評判を受け、その通りの結果を残すコンスタントさこそがこの選手の真価。文句なしのナンバーワンだろう。

外野手
天本(秀岳館)安西(高松商)荒内(高松商)
強打秀岳館の5番打者天本は、大会を通じて強打が光った。安西は打撃に苦しむ場面も多かったが、出塁した際の走塁と守備は極上。決勝で好打を披露し、ベストナインにこぎ着けた。
その安西と1、2番を形成した荒内も、今大会からレギュラーを張ったとは思えない走攻守の充実ぶりで、堂々の選出。
青木、福元の智弁コンビは僅差で選外。木更津の鳥海、平安の小川らが続く。