査定 B+ インパクトにこそ欠けるも、補強ポイントを的確に埋める好動向

平野恵・谷・馬原らが引退、坂口・竹原らが他球団へと移籍し、今年も大幅な戦力の入れ替えを敢行した。しかし、宮内オーナーが中島、小谷野、ブランコら昨季大枚をはたいて獲得した選手たちに「1年遅れ」での貢献を促したとおり、大型補強に打って出た昨オフとは一転、10人を指名したドラフト組以外には新助っ人4人加えたのみ(+昨季育成契約の佐藤峻も支配下へ復帰)、育成契約を結んだ大田(前DeNA)を除いては国内他球団からの選手獲得もなく、全体としてかなり陣容が若返った印象を抱く。

新戦力の獲得において重点を置いたのは、昨季やり繰りに苦労し続けたリリーフ陣の再整備。先発の枚数は揃っているだけに、新守護神の期待を担うコーディエが平野佳、佐藤達と方程式を形成し、ドラ2ルーキーの近藤大が塚原、海田、白仁田らとともにその前で投げるような形を作ることができれば、投手陣全体としても、一昨季のようなリーグ有数の水準へと復していくはずだ。
キャンプ終盤になって加入が決まったミッシュは、先発・中継ぎ両方で登板可能なタイプ。外国人枠の争いは激しいが、貴重な左腕として働き場所を見つけたい。

下馬評以上に良いアピールを見せているのが、打の新助っ人コンビ。元々は投手で、身体能力の高さを生かした俊足や好守に定評があるあたり糸井を思わせるボグセビックは、その糸井が慢性的な膝の不安などから守備に就けない試合も多い近年を思えば、外野の一角を期待したい存在で、モレルも内野ならどこでもこなすユーティリティ性が魅力。打つ方の結果が出ない限り、一軍枠に食い込むことが難しいのは自明だが、ここまでは実戦での結果も出ているだけに、ブランコを含め2枠を争うことになりそうな生き残りレースにも俄然熱を帯びてきた感がある。

ドラフト組では、大学球界屈指の強打者吉田正の一本釣りに成功し、3位でも六大学通算112安打の遊撃手大城を指名と、近未来のレギュラークラスを首尾よく獲得。
特に大城は、潰瘍性大腸炎で離脱した安達の穴を埋めるべく「六大学の安打製造機」ぶりを披露し、実戦で安定した結果を出している。実績のある縞田、岩崎、ドラ7ルーキー鈴木昴らとの競争を勝ち抜き、まずは開幕一軍入りを掴むことが出来るか、大いに注目したいところだ。


3月以降の動向
現在支配下人数は66人。大田ら育成枠の昇格に1~2枠を割くと考えても、まだ補強の余地は残っている。
やはり懸案は具体的な復帰の時期が未知数と言わざるをえない安達の状態だろう。ただ、ドラフトですぐに使える選手を2枚獲っておいた効能は本当に大きく、枚数自体はそろっていることを考えても、無理に過大な見返りを求められる商談に乗る必要もない。
寧ろ揃えておきたいのは、ミッシュを加えたとはいえ、なおも枚数の少なさが目につく左腕の頭数ではないか。