例年の10分の1くらいの分量ですが、やるだけやります。事前の分析不測もあり、今年はどれだけ弱いところを補えたかというよりは、退団した主力クラスの穴をどの程度埋められたかを中心に見ていくつもりです。

査定 B ピンポイントで補強すべき箇所を補った及第点のオフに
守護神呉の流出は痛いが、昨シーズン中から代役候補の調査を進めており、スンナリとマテオの獲得にこぎつけた。さらにもう1枚ドリスの獲得も決まり、層の薄い中継ぎ左腕にFAで高橋聡を加えることにも成功した中継ぎ~抑え陣の戦力収支に大きな変化はない。
また、長年チームを支えたマートンの退団も既定路線で、同じアベレージ型のヘイグを獲得し、穴埋め。三塁での起用が有力ということで、直接マートンの代役とはならないものの、空いた左翼には、ドラフト1位で獲得の高山、伊藤、江越、横田、昨季途中加入のペレスら若手の台頭が期待され、上本、西岡ら二塁手争いを展開する実力者の外野起用というプランも検討され得る。

新政権初年度ということを考えれば、やはり大きいのが藤川の復帰。ひとまず先発としての起用が有力視されるも、チーム事情によっては中継ぎに回る可能性も高い。2度のリーグ優勝を支えた往年の輝きを求めるのは酷だが、献身的な働きでチームに新たな栄光を齎す一助となりたいし、それだけの地力は残されているはずだ。

その他のトピックとしては、関本、藤井の両ベテラン引退が挙げられるも、戦力的に大きな痛手となることはないだろう。


今後の補強予測
助っ人6人体制を取り、ヘイグがダメならペレス、マテオがダメならドリス・・というような二段構えを敷いてはいるものの、国内経験者も含めた助っ人候補の調査は依然継続させ、不測の自体に備えたいところ。
トレード補強も噂ばかりでめっきり減っただけに、それ以外の補強手段は予測しがたいが、一部報道で獲得決定的と報じられながら実現することのなかった村田(前巨人)ら海外でプレーする日本人選手の動向には目を光らせているはず。また、枠の都合がつくならば、プレシーズンや春先の活躍次第で田面、原口らを支配下に昇格させるかもしれない。