女子大付
・1年生トリオが起爆剤に!稀に見る「大所帯」で競争心煽り合い、さらなる進化を。

この春は1番センター(捕手)内田、4番ショート伊藤、投手2枚看板の一角三田の1年生トリオが席巻、8強入りして鮮烈な印象を残しました。
慢性的な部員不足により、以前から1年生がメンバー入りすること自体は少なくないチームではあったものの、中核の位置に3人もの1年生が入るという陣容は歴代でも稀。しかも、今季は1年生の入部も多く部員は26名、紅白戦を組んでもまだ控えの選手が多く出るだけの人数が揃ったというのだから驚きを通り越して・・・という心境です。

そんな例年以上に「若い」チームを引き締めるのは、3年生の中で唯一1年時からレギュラーの座を張ってきた5番サードの石田。小林、木本、榊も上位を打つことの多い好打者で、代打には強打の安浪が控える。
投げては春初戦で序盤にKOされ、内田の好救援に救われて以降大いに刺激を受けたか、右軟投派の早崎が力投を見せ、夏も2枚看板で強豪相手にも敢然と立ち向かっていく。秋に好投を見せた左腕石塚が復調しているようならなお層が厚くなるだろう。


奈良朱雀
・例年通り強打が持ち味。大型右腕の本格化成れば上位争いにも顔を出しうる

近年の代名詞となりつつある強打は今季も健在。下級生時から経験豊富な左の庄野(セカンド)、南(ライト)を中心に、右打ちの山田(捕手)、太田(センター)、手嶋(サード)は長打力がある。1~2番を務めることが多い石田(ファースト)、竹中(ショート)の出塁率がいっそう高まれば、なお得点力に磨きがかかることでしょう。

一方、投手陣は新チーム以降多くの投手がマウンドに上がりましたが、一昨年の岩城、去年の歌代のような絶対的エースを欠くのが現状。しかし、春季大会2回戦で公式戦初マウンドに上がった2年生右腕の前田は観戦レポートでも記したとおり、先輩たちにも劣らぬ資質の持ち主。本質的な期待としては新チーム以降なのかな・・・とは思いますが、ひとまず夏までにどれだけ素材としての奥行きを増しているか非常に楽しみな1人ですし、伸び方次第では新たな「天理キラー」誕生の瞬間が見られるやもしれません。



高円
粘り強い戦いぶりでここ数季健闘が目立つ。久々の「夏1勝」も現実的な目標に。
昨春は前年秋近畿出場校の橿原学院に2-4の大善戦。夏は王寺工に0-5の終盤に猛追を仕掛けて5-6。昨秋も強打の朱雀を相手に投手陣が踏ん張って2-6と、勝ちにこそ結びつかないながら、旧チームから主戦の右腕香西を中心に粘り強い戦いぶりが目立っていましたが、この春は西の京を相手に香西-米田(左腕)-香西と繋いで守り抜き、3-2の勝利。実に11年夏以来となる公式戦白星を飾って、夏へ向けての大きな弾みをつけました。
続く橿学戦も香西が登板しない中で、米田と右腕園田による継投で1-7の善戦を見せるなど、人数が少ないチームらしい一丸の体制で諦めずに食い下がっていく野球が身上。4年ぶりの初戦突破はもはや現実的な目標となってきます。


次回は橿原、桜井、高取国際、次々回は奈良、郡山です。