休む間もなくベスト8突入。シード獲得へ向けた最終決戦を制するのは?

 
天理×桜井
天理の先発はおそらく休養十分の森浦くん。 3点以上を望むのは厳しそうですから、毎度同じことしか書きませんが(汗)天理の強力打線を三戸くんら桜井投手陣がどう凌ぐか次第。警戒しすぎてもダメ、素直すぎてもダメ。とにかく越えるべきハードルはあまりにも高いですが、三戸くん、平尾くん、大西くんなど左右やタイプの違うバリエーションがありますから、8分目くらいのところで細かく繋いで行くのも方法でしょう。
この試合はどうなるかわかりませんが、去年の天理×畝傍、甲子園の光星×武修館タイプの継投スタイル(3~4人で1試合)はジャイキリを目論む側の作戦として、今後ますます増えていくことでしょうね。

高田商×奈良北
高田商は中2日、奈良北は中1日。素直に両エースの勝負が基本線になるとは思うのですが、両校とも前の試合はエースナンバーが完投していることを考慮しても、両監督が何点勝負と読んでいるか次第では、高田商は初戦で投げた中や吉岡、奈良北は昨秋の3決で投げた寺田や芝田を頭で使って、リリーフでエース(高田商は石橋、奈良北は堀川)を投入という可能性も捨てきれない。
両校とも打線の強力さは折り紙つき。ただ、石橋くんが前の試合安定感を欠いたのに比べ、堀川くんはヒットを打たれるなりにもビッグイニングには作らせない粘りがありますから、守備の安定感を比較しても奈良北にやや分ありなのかな。


6日
御所実×一条
打の一条が御所実の誇る藤田-山本リレーを崩せるかが最大の見所。ただ、一条も16強で再三のピンチを凌いで高専を完封し、 エース原田くんとした中心にディフェンス面での自信もつけたはず。現実的には藤田くんを初見の1回り目で攻略するのは難しいですから、その間に先制して主導権を握る御所実のペースに乗らないためにも、序盤の守りが重要になりそう。

一方の御所実なんですが、今日の畝傍戦、前の香芝戦とも藤田くんが3回り以降で明らかに相手打線の対応が良くなり、ピンチを招いて山本くんへスイッチという形が続いています。なかなか2回り目までを0で来ているのを代えるのも勇気がいるのですが、山本くんの投げやすさという点を考慮すれば、イニング頭からスパッと繋いで行くやり方も方法の一つなのかなという気はする。一条打線は前2チームにも増して強いですから、同じ状況が来た時に、今回はどう動いていくのか。観に行かれる方はそこらへんに注目してみても面白いんじゃないかなと思っています。

橿原学院×女子大付
女子大としては、とにかくイケイケでかかっていくだけ。橿学の投手陣もべらぼうに強いわけではないので、守りで粘って4~5点勝負に持ち込むここ3試合同様の戦い方が出来るかどうかでしょう。
逆に橿学としては、相手の勢いを止めるには序盤に2点、3点とリードを奪って出鼻をくじくことに尽きます。先発が予想される女子大の三田くんもさすがに疲れが出てきているでしょうから、是が非でも立ち上がりを捕らえて 試合を支配したい。