懸案の4月戦線をきわめて順調に駆け抜ける中畑DeNA。今年のセリーグ、このチームが序盤を引っ張ってくれれば相当面白い展開になるんじゃないかという期待は大きいですね。

先発
右 久保 山口 三嶋 井納 モスコーソ 高崎 

主な2軍
右 三浦 須田
左 高橋尚

開幕前の予想でも書いた通り、去年ほど上手くは回らないという見ていたセクションですが、ここまで2回続けて悪いのは久保くらい。他の投手はムラがありつつも、2回目までに勝ちもつきましたし、まずまずの出足といったところなのかなと。
2軍の顔ぶれを見ても、決して層は厚くないだけに、基本は開幕時のメンバーを中心にどれだけやれるか。あまり他に書くこともないので、ともあれ暫くはお手並み拝見ということで行きますか。


中継ぎ(ロングも)
右 小林寛 加賀 小杉
左 田中

主な2軍
右 大田 東野 萬谷

セットアッパー・抑え
右 エレラ 国吉 山崎康
左 林

主な2軍
右 三上(離脱中) 長田
左 大原


昨季守護神の三上が開幕に間に合わず、ルーキーの山崎康が暫定ストッパーも、初の連投となった試合(非セーブ機会時)で集中打を浴びるなど不安要素も多く、当面は新助っ人エレラや国吉との重層的な起用がなされていくものと思われます。もちろん、理想は役割を固定することで、指揮官も構想としては、国吉→エレラ→山崎康の順で使いたいという思いがあるようですが・・・
いずれにせよ、三上に加え、大原、岡島も欠くだけに、この3人に林、加賀を加えた5枚でどうにか勝ちパターンを構築していくしかないのが現状。仮に復帰が遅れるようなら危機に陥る可能性は低くなさそうで、管理策の1つとしてグリエル兄弟が来ない分の新助っ人枠で後ろを任せられる投手(できれば左腕)を抑えておきたい。コアな名前を出すと、1年目中継ぎに転向して以降のマットホワイトみたいなタイプの投手が来てくれれば。あるいは、昨季まで在籍し、現在はBCリーグに所属するソトの復帰という方法もなくはないのでしょう(なんとなくオリあたりが狙ってそうな予感もしますけどね)。


オーダー
4石川
8桑原(関根)
9梶谷
7筒香
3ロペス
5バルディリス
6飛雄馬(倉本)
2黒羽根

高城(捕手)
後藤武敏G.(代打・一塁)
山崎憲(内野 守備)
井手(代打・外野)
松本(代打・代走 外野)

主な2軍
靍岡(捕手)
内村(内野)
柳田(内野)
白崎(三・遊)
宮崎(一・三)
荒波(外野)
多村(外野)
下園(外野)

グリエル兄弟の契約解除は痛手ながら、ここまでは梶谷、筒香、ロペス、バルの主軸4人が好調を維持しているだけに、現場やファン界隈の空気としても、「最初から要らんかったんや」的なムードに落ち着いているし、上述した通り投手補強に資金を回せると前向きに捉えるしかない。
実際、中軸の脇を固める位置でも、中堅では関根と桑原、遊撃では倉本と飛雄馬が熾烈なレギュラー争いを演じるなど気鋭の若手が元気な姿を見せている分、荒波、柳田、白崎、宮崎、多村、下園らが2軍に甘んじるのは豪華さを感じますし、それだけ全体のレベルも上がってきているということ。欲を言い出せばキリがないとはいえ、リーグの中で見ても有数の迫力を具えた打線であることに疑いはなく、少なくとも昨季のような得点力不足に喘ぐことはないでしょう。