原監督による阿部の捕手再転向決断には驚かされましたし、様々意見はあることと思いますが、個人的には純粋に凄いと感じましたね。この記事で詳しくは検証することはしないので敢えて一言で纏めるなら、やはりその早さ。「たった6試合で・・・」ではなく、「6試合だからこそ」出来た決断だし、そこはもう以前から発してきたコメントやそこへ向けて作り上げてきたものとの整合性がどうとかではなく、幾度もリーグ制覇や日本一を経験した指揮官が開幕6試合の重苦しいチーム状況を安定させるための方策として「嗅覚一つ」で決めたことなんだろう。
もちろん、長いシーズンを考えれば、阿部中心で・・・という方針にいずれ無理は生じるだろうけど、そこはまだ時間があるのだから、本人とも話をしながらじっくり判断していけばいい。それも実績がある原監督だからこそできることですよね。

チームの将来を考えて「小林を育てる」という命題を徹頭徹尾貫くべきだったし、相川の抜けた穴には實松なり加藤なりを据えれば良かっただけという意見もあるでしょう。ただ、やはり今季の巨人は4連覇を目指すシーズンです。確かに育成は大事ですが、あくまでチーム成績と両立出来る質に留まらねばならないし、そのバランスが大きく崩れかねないという懸念があるなら、そこを調整するのが指揮官の役割、そう思います。

 
先発
右 菅野 高木勇 マイコラス
左 杉内 ポレダ

主な2軍
右 大竹 西村 小山 宮國 平良
左 内海(離脱中) 田口 今村

昨季からローテを張っていた投手で1軍に居るのは菅野、杉内のみ。新たにルーキー高木勇と新助っ人マイコラス&ポレダが参入し、不調の大竹、小山、西村、期待の大きい宮國、今村らは二軍調整。勢いがあるのは寧ろ高卒3年目コンビの田口と平良か。今季は先発5人制を敷く時期も多そうなだけに、離脱中の内海も含め、1軍入りに向けては熾烈な競争が待っている。
やや気がかりなのは、怪我上がりのシーズンながら開幕早々中5日登板を命じられそうな菅野の体調。替えの効かない戦力であるこの昨季MVP右腕にもしものことがあれば、大きくチームの根幹が揺らぐことになるのは必至。阿部の配置転換に関する感想とは逆に、この時期での中5日発動には「早すぎる」という思いを抱かざるをえないですね。まあ、事情が変わらなければ、翌週からは暫く中6日に戻ると思うので、大丈夫だとは思うんですけどね・・・


中継ぎ(ロングリリーフも) 
右 笠原 土田
左 高木京

主な2軍
右 田原誠 福田 香月 江柄子 野間口
左 青木  


中継ぎ(勝ちパターン)
右 マシソン 
左 山口 戸根

主な2軍
右 久保 

抑え
澤村(右) 

開幕以後、まだ明確に勝ちパターンが接戦を守り切る展開にはなっていないだけに何とも評価の難しい段階ではありますが、山口、マシソンが昨季の序盤同様、本調子には程遠い現状ゆえ、 決して楽な台所事情ではない。
本来は高木勇をこの位置で起用し、勝ちパターンの一角に加える公算だったと思うのですが、コマ不足の中で先発適性を見出され、周知の活躍ぶり。その分、後ろの戦力は薄いままとなり、現段階では好調を維持する度胸満点のルーキー左腕戸根が穴を埋めているとはいえ、長いシーズンを見据えた際、何らかの手を講ずる必要性は否めない。
ありうるもっとも可能性の小さいwそれでも実現すれば面白いなと感じるのが復帰後の内海をこの位置に据えること。もちろん、その時期のチーム状況にもよるので、現時点ではあくまで可能性のみの言及にとどめます。


オーダー
6坂本
4片岡(井端)
8長野
2阿部
7セペダ(高橋由)
3井端
9亀井
5村田

實松(捕手)
小林(捕手)
寺内(内野 守備)
中井(一・三・外 代打)
松本(外野 守備・代走)
鈴木尚(外野 代走・守備)
金城(外野 代打)

主な2軍
アンダーソン(外・一)
藤村(二・遊)
橋本(外野)
矢野(外野)
大田(外野 離脱中)

絶好調の亀井に加え、阿部の復調である程度得点力は取り戻しつつありますが、全体的な迫力不足は明らか。とりわけ5番を打つことが多いセペダ、高橋由に多くを望めないだけに、アンダーソンも状態が上がらない中で新助っ人補強の要請は強まってきているのかなと。ただ、実現するにしてもだいぶ先のこと。当面は現有戦力で打順のテコ入れなども施しながら、活性化を図っていくほかないでしょう。
案外こういう時ほどベテランの鈴木あたりをトップに据えてみれば、3番坂本、4番阿部、5番長野というどっしりとした中軸が出来ますし、5番長野、6番井端、7番亀井、8番村田でもう一度チャンスメイクからポイントゲッターへという流れも整って、全体が上手くハマる可能性もあるんじゃないかという気がしてるんですよね。当然松本でも似た役回りは望めるのですが、敢えてチーム最古参である生え抜き功労者の鈴木をレギュラーとして起用することがチームとしてのモチベーションを高める要因になりうるのではないかという点も踏まえ、浅はかながら提言パート2としてみました。