短めになりますが、今年も地区ごとに検証していきます。


北海道 北見工 本枠展望C 
今秋実績や地力面は十分だと思うのですが、話題性重視が主となっている近年の選考に鑑みれば、その点で浮上出来るだけの強みがあるのかどうか・・・現時点では厳しいと見ています。

東北 松島 本枠展望B
圧倒的過ぎるyukiさんジンクスに依拠すればスンナリ・・・となりますし、実際に選出されるだけの要素もひと通り具えていると言えるバリバリの有力校でしょう。宮城県から4度目という点に関しても特段の障害にはならないと考えています。ただ、去年の角館同様、「総合力型」の有力馬ですから、あらゆる「流れ」に乗って急浮上してくる存在があれば逆転を許す可能性も・・・

関東 富岡 本枠展望B
無気味なのはここですよね。世界遺産絡みの話題は去年の伊勢(式年遷宮関係)などと同様、基本的にはあまり考慮されない方向なのでしょうけど、それも「アピール次第」なところもあるように思えて、実際地区推薦発表を受けての各紙報道を見ると、「製糸場」の文字がアチラコチラに並んでいます。
そういう「流れ」を生かしつつ、あくまでメインの要素である学校および野球部の伝統、取り組みなどを交えたプレゼンを近年ノリノリな群馬高野連関係者がやってのけるなら、当日選考委員の心をぐっと掴む余地は十分にあると言えそうです。
また、今年の地区推薦9校中、過去21世紀枠で選出されたことがない県の候補は富岡と八幡南(九州・福岡)のみ。過去、最低1校は未選出県からの選出を継続しているだけに、そういうところも予想をする上で「抑えどころ」となるのかもしれません。

北信越 金沢商 本枠展望C
北見工、あるいは例年の北信越地区推薦校と同様、地力面や今秋&近年実績に関してケチをつけるところはないのですが、それだけでは勝ち上がれないのが近年の選考基準ですからね・・・
その点、東の有力馬である松島や富岡と比べ、どうしても見劣りしてしまう感は否めず、現時点での本枠展望もかなり厳しく判定しています(さらに深く掘り下げて云々は毎年書いている厳し目な意見の繰り返しになりますし、今年はyukiさんがかなり強めの論調で書かれているので、そちらにお譲りしますということで・・・)

東海 豊橋工 本枠展望C+
東海地区らしい「正攻法」を通すなら津西だったと思うのですが、少し捻ったというか、21世紀枠選考でコンスタントに打ち出されている「好投手補正」を加味した上で、森くんのいる豊橋工を推してきたのは、他地区推薦校との兼ね合いを見ても「隙間」を突ける余地があり、多少なりとも「動いてきた」印象は残りましたね。
過去東海地区から唯一本枠選出されたことがある成章と同じ東三河地区の学校という点に関しての不安は杞憂だと思いますし、「実績・地力面」の項目と並び記載されている地域貢献などの特長を上手くアピールしていくプレゼンが出来れば、当日の逆転も不可能ではないか。もっとも、東海地区の場合、その点が最大の懸念材料という声もあるようですが・・・


次回は西日本編です。