とりあえずポジション別の分析は今回まで。次回以降、恒例の各順位別展望を行っていきます。


左翼手 ロサリオ  (エルドレッド) (岩本) 中東 廣瀬 高橋
来日2年目のロサリオがさらなるレベルアップを遂げて、1シーズンレギュラーを張り続けられるかが其の儘シーズンの浮沈に大きな影響を与えることになるでしょう。打撃面はもちろんですが、まだまだ不安定ながらその猛肩ぶりには一見の価値がある守備面、脚力の高さを活かし来季は盗塁の数も増やしていきたい走塁面の向上にも期待したい。
若手では高卒2年目で美間同様にウエスタンで二桁本塁打を放った高橋が成長株。既に一軍の舞台も経験済みで、来季はどれだけ定着に近づけるか。

<補強展望>
ここも、まずは加入予定の新外国人選手がこの位置をこなせるかどうかで変わってきますから、現段階では保留。ただ、あくまで左翼の新戦力を「打撃力優先の外野手」として定義するならば、現有戦力内にも上記以外に天谷、松山、鈴木誠、中村憲、下水流など左翼に対応可能な「打てる人材」は多いですから、今オフそう躍起になって新戦力確保を急ぐべきセクションではないと結論づけられるでしょう。


中堅手 丸 赤松 土生
今やリーグを代表する外野手にまで成長した丸が不動の存在。ドラフト時に「前田というよりも金本に近い印象があり、彼のような屈強な選手に」と書いたのですが、その通り1軍デビュー以来大きな怪我もなく、主力を張り続けている身体の強さも大きな魅力と言えるでしょう。

<補強展望>
20代前半に空白ができている世代バランスの悪さゆえ、確かに野間とか浅間とかの左打ちセンターを獲って近未来に備えるべきという発想自体には一理あります。
ただ、少なくとも来季すぐにどうこうを心配する状況ではなく、そもそも打席の左右さえ考えなければ若い世代の外野手には(登録上内野の)鈴木誠や堂林もいるわけですから、将来的にもさしたる不安が内在しているとまでは感じません。これらを踏まえれば、今秋直ちに上位枠を使ってなすべきテーマとは思えないんですよね。
ある程度小力があって、かつ走塁・守備も安定した左打ちの即戦力クラスが欲しいというのであれば、中位以下で例えば辰巳(郡山~慶大~トヨタ)のような選手を抑えるほうが上策と言えるのではないかなと考えますし、高校生を獲る場合にせよ、4位以下での指名が妥当な手段と言えるでしょう。
もっとも、すべては当日のイタズラとしか言えない幸運で野間や浅間がカープの3位まで残っていたのなら、また話は変わってくるのかもしれませんけどね。。


右翼手 松山 鈴木誠 堂林 天谷 廣瀬 
鈴木誠の台頭と堂林がこの位置で多く出場機会を得たことが印象的なシーズン。今季までは対右投手時に松山・天谷、対左時に鈴木誠、堂林、廣瀬といった起用が多かったわけですが、外野の花形選手であった新監督が政権を取る来季以降の理想はやはり特定の選手を固定して起用することでしょう。とりわけ今秋の「強化指定選手」と表明した鈴木誠にかかる期待が大きいことであろうは想像に難くありません。
また、土生、中村憲ら旧政権時代出場機会に恵まれなかった選手たちにとっても、新体制発足は大きなチャンス。既存の優先順位を覆すべく秋季キャンプから必死のアピールが続きそうです。

<補強展望>
ドラフト候補として魅力的なのは江越(駒大)。ただ、今秋の絶好調によって恐らくカープの2位にまでは残らないでしょう。素材としての魅力は大きくとも絶対的に必要とするポジションではないゆえ、ハズレで指名する可能性も低いでしょうし、 残念ながらカープとは縁がない選手ということに相成りそうかなと。