内野手編も、引き続き適宜最新情報を折込みつつお届けいたします。

一塁手 エルドレッド 岩本 (松山) 栗原
エルドレッド、ロサリオとも調子の波が大きいことは否めず、その点でキラの退団には惜しさは残りますが、「野手3番手」としての評価では金銭面や起用面で折り合いがつかないことは確実だけにやむを得ない判断。
代わりにと言うか、フロントが現在左打ち(アベレージタイプ)の外国人野手を調査中とのことで、一塁or左翼が出来るタイプなら既存2選手との補完性は維持されそうかなと。 
また、仮に他ポジ(三塁など)を専門とするタイプだとしても、代打・守備含め、控えとしてのクオリティは十分に保証できる岩本が居るだけに大きな不安はありません。不安を露呈するとすればエルドレッドが開幕から極度の不振に陥った場合ですが・・・

<補強展望>
ドラフトで岡本(智辯学園)らを補強する可能性は低く、あったとしても中村真崇のように育成で独立リーグの選手を・・・という形に留まるかなと。
面白そうなのはまだ20歳の選手ですが、山梨学院大付時代に甲子園にも出場している小林(徳島)あたりか。大島を切った年に云々は抜きにリストアップの候補として挙げておきたいし、同じ徳島では同僚の松嶋(三塁手)もどこかに指名される可能性があるのかなとは思っています。

その他で気になるのは、やはり愛着も含めて元中日の中田。ただ、タイプ、世代の似通った岩本、松山がいる以上、可能性は僅少と言わざるをえないでしょうね。。


二塁手 菊池 木村 小窪 東出 松本
今やリーグを代表するセカンドになった菊池が不動の存在。向こう数年を見据えても安泰のセクションでしょう。 

<補強展望>
ドラフトでは、上位候補として中村(天理~早大)の名前が挙がっていますが、二塁だけではなく、三塁・外野にも対応できる選手ですから、 数年後を見据えて全般の選手層を分厚くする意味では大いに価値のある一手でしょう。ただ、チーム状況に鑑みて最重要の補強ポイントとは言いがたいだけに、1~2位で投手を獲るのだとすれば、余程の巡り合わせがない限り、獲得するのは厳しそうか。。


三塁手 梵 田中 木村 小窪 堂林 鈴木誠 上本 美間
ここに新外国人選手(獲れれば中村奨も)が加わる可能性もあり、梵や堂林を中心としながらも絶対的なレギュラー不在の最激戦区に。世代バランス良く、バリエーションも豊富ですから、不安よりも楽しみが勝りますね。
新鋭として個人的に注目しているのは美間。今季は高卒2年目にしてファームで二桁本塁打を放ち、同期の高橋、鈴木誠とともに将来を嘱望される大砲候補に躍り出ています。三塁守備はまだまだですが、パワフルな打棒が新監督の目に止まれば、来季一軍デビューを果たす可能性は決して低くなさそうです。

<補強展望>
個人的には楽観しているのですが、FAとなっている梵、木村の去就は現時点で不確定。新外国人選手がこのポジションに来るのかどうかも含めて、続報待ちですね。
ドラフトでは既述通り中村の名前が挙がりますが、高校生も含め補強優先度は高くない。世代バランス的には香月(大阪桐蔭)あたりを狙っても面白いとは思うんですけど、センターラインの補強中心に動いた後、5~6位では残っていないでしょうからね。。 

遊撃手 田中 木村 梵 安部 上本
CSでの守備なんかを観ていると、やっぱり梵の存在感はまだまだ別格だよなあ・・・と感嘆するのですが、膝の状態を考慮すれば年間通してこの位置を張るのはもはや限界に近く、今季ルーキーながら予想を上回る即戦力となった田中を中心とした編成が基本となるでしょう。
その上でショートでのプレーにこだわりが強い梵も天然芝球場(セリーグではマツダと甲子園)での開催時にコンディションが良ければ・・・など条件を付しつつ、定期的にショートで起用するプランを組み込めれば・・・とは思います。


<補強展望>
ファンブログなどでも多く言われている通り、守備力がある本職ショートの選手層に不安があり、とりわけ20歳前後にそういう選手は皆無ですから、二軍でじっくり育成できるタイミングということもあいまって、ドラフト中位で植田(近江)、(横浜隼人)らの名前が浮上してくるのは自然な流れでしょう。
その他補強では、やはり木村、梵のFAが絡んできますが、現段階で上記した通り残ってくれることを願いつつ、続報待ちのスタンスとしておきます。