ついに当日まで1週間を切りました。その間、粘りに粘った甲斐もあって(?)外国人選手の去就や新監督に関する情報も多く入ってきていますから、その点も踏まえつつ簡単な現況分析だけはやっておこうかなと思います。

※は去就微妙 ○は残留有力 ()は起用法次第 

投手 先発 ○前田健 大瀬良 野村 福井 ※バリントン (○ヒース) (※フィリップス) (今村) (戸田) 九里

複数紙が報じた前田健の今オフ残留を前提と出来るのならば、来季も万全とは言いがたいながらも陣容に一定の目処は立てられそう。
その中で2年目のジンクスと戦う大瀬良、今季の不調から巻き返したい野村など若手のさらなる底上げが求められるわけですが、個人的にもっとも期待している存在はやはり福井。愛媛の高校出身ということで、やはり愛着も贔屓目も強めになってしまう所以、今季後半に好投を続けた時などはかつての黒田を(制球難に苦しみ、低迷するも同じ4年目後半に一本立ち)オーバーラップさせたりもしましたが、さすがに完全再現とまでは行かず4勝止まりに。とはいえ、不完全ながらも後半戦のローテを守った経験が来季に活きるものと期待しています。

外国人選手に関しては、バリントンとミコライオがFAとなり、いずれも残留は交渉次第という様相だけに、先発、中継ぎ(抑え)両方に対応できるヒースは2人の去就次第で起用法が変わる可能性も高い。
また、残留ならば来季は先発転向となりそうなフィリップスの動向も流動的で続報が注目されます。

<来季へ向けての補強 ドラフト>
ドラフトでは1位で早大・有原を指名することが決定済みに。当然獲得となればベストということですし、仮に逃した際にも(少なくとも)ハズレ指名の1度目までは再度即戦力世代の投手を指名してくるでしょう。
具体的な名前については、かなり早い段階で有原と並ぶ1位候補の一角として山崎(亜大)、山崎(明大)、石田(法大)の名前が出ていた以外は例年以上にメディアから情報が上がっていない状況だけに、詳細はまた直前期の記事に譲るということにしますが、2位以降も含め、優先度がより高い左腕の指名を重視するか、左右問わず評価の高い投手を優先させるかで展開ががらっと変わって来ることだけは間違いない。
補足情報を提示するとすれば、早くも今オフ補強第一弾として、中継ぎ左腕を期待するザガースキー獲得が決まった点を考慮し、左腕を獲らなかったドラフト後早々にフィリップス獲得が発表された昨オフ同様、左腕補強は「その他」部分で賄うという判断もあり得そうか。
これは個人的な感想ですが、中村恭、岩見、金丸と3枚の大学・社会人所属投手を獲りながら、揃って結果を残しきれていない(金丸は既に退団)10年ドラフト以降、そのあたりの風向きが少なからず変わってきたのかなという印象はあるんですよね。。

<来季へ向けての補強 その他>
ドラフトで即戦力級を抑えきれなかった場合には戦力外からの確保もありうる。リストをざっと見た感じでは補強ポイントの「ロングリリーフも兼任できる先発6番手」として、小林太(前DeNA)はすごく魅力的かなと。
どこかを怪我をしているとかそういう理由ではないようですし、150キロ級のスピードもまだまだ出せます。カープファン的には彼のルーキーイヤーで初完投を許したイメージが未だに強く、近時でも状態の良い時期には十分に1軍クラスの投球を見せていました。DeNA時代にはたびたび精神的な弱さを言われることもありましたが、心機一転の環境で花開く素養は十分でしょう。


中継ぎ 中田 中崎 永川勝 一岡 小野 (戸田) 久本 ザガースキー 河内
抑え ※ミコライオ (○ヒース) 

永川もFAですが、おそらくは残留を選ぶでしょうから、去就の焦点はミコライオに集中しそう。なんだかんだ言われながらもコンスタントな成果を残して来ている守護神ですから、大幅に条件が折り合わないのでないならば、契約を結んで欲しいのですが、ダメならダメで・・・の備えがある程度出来上がっているのも確か。
具体的にはヒースの起用もそうですが、怪我への負担を考えて一岡を守護神の役割に固定する(ヒースはセットアッパー)という手段も採り得るでしょう。
また、中継ぎ全般的な論点として新政権に強く求めたいのは場当たり的ではない起用法の確立。ブラウン時代初期のようなカッチリとしたローテーションを維持しろとまでは言いませんが、最低限、過度な連投やイニング跨ぎを強いることのない運用が成されれば・・・と念願します。

<来季へ向けての補強 ドラフト>
大社世代の投手をおそらく2~3枚獲るでしょうから、似たタイプの本格派が多く揃う1軍の陣容からも、1枚は中継ぎ向きの変則派投手を指名するか。具体的なリストアップ情報などは知らないですが、小畑(大阪ガス)あたりを中位で狙えるなら面白いのではないかとは密かに注目しています。
左で行けば、去年田中を獲ったJR東日本の坂寄あたりも視察情報が出ていたはずで、当日に名前が出ても不思議ではないラインにはいるでしょうね。

<来季へ向けての補強 その他>
ここも戦力外に挙がっている中から挙げるなら、まずは菊地藤江と言ったDeNA勢が挙がってきますね。後は決して中継ぎ陣が潤沢でない巨人が手放すということを鑑みれば正直なところかなり厳しいんだろうけど、全盛期を知るだけに、越智(前巨人)にはなんとかもう一花咲かせるチャンスが得られないかという愛着が残りますね。

また、前述のとおり新外国人としてザガースキーの獲得を発表済み。少し動画も観てみましたが、ブラウン時代に在籍したナックルボーラー、ジャレッド・フェルナンデスを想起させる恵体サウスポーで、活躍すればまあ人気も出るでしょうね。当然期待としては懸案の左セットアップ枠を埋める存在に・・というところ。厳しい外国人枠の争いを勝ち抜き、まずは開幕1軍を狙って欲しい。


捕手 會澤 石原 バックアップ:白濱、中東  
定評のあった打力を漸く一軍の舞台で披露し、大きく飛躍した會澤。CS阪神戦で2度の盗塁阻止を見せたように守備面でも成長しつつあり、その存在が来季補強の緊急性を薄める要因にはなった。
ただ、石原同様に離脱の多さが玉に瑕。大ベテラン倉に一軍戦力として計算しがたい衰えを否めない現状に決して楽観の色はなく、何らかの手を打ちたいタイミングであることに変わりはありません。

<来季へ向けての補強>
現状に際して打てる手は3つ。1つ目は會澤と8つ、最年少の磯村とは4つという適正な年齢差を踏まえ、高校生捕手を獲る案。上位~中位なら栗原(春江工)、清水(九州国際大付)。中~下位なら山川(福岡工大城東)、藤吉(秀岳館)あたりが候補になってくるものと思われます。
2つ目は敢えて即戦力クラスを抑えて、定位置争いの活性化を図る案。會澤が打力に秀でたタイプゆえ、どちらかと言えば守備力の評価が高いタイプが望ましく、今年の候補で言えば川辺(ヤマハ)、飯田(Honda鈴鹿)らがめぼしい存在になりうるか。
そして、最後は戦力外やトレードからリザーブクラスの戦力を補充する形。例えば中日を戦力外となった田中は広島出身という縁もあり、一軍での実績もある程度ありますから候補の一人ですし、あるいは上村がそうだったように、複数人数のトレードに絡めて獲得という可能性も否定出来ないところかなと。
勿論、順番としてはドラフトよりも後発での穴埋め(戦力外選手に関しては獲るのだとすれば、水面下で既に接触しているとは思いますが形式上)となりますから、まずはドラフトの動向を注視したいと思っています。 


普通に失念していたので補足ですが、報道では中位以降で加藤(青学大)に興味というものもありましたね。上記1案と2案の中間というべきか、いきなり一軍戦力というよりは磯村や中村とファームの正妻を競り合わせて・・・という意図で、勿論十分理解できる形の補強と言えるでしょう。


・・といろいろ書きましたが、要は上記4案すべて考慮に入れた上で、当日の状況を見ながら最適な判断をしていけるかということですよね。1枚は確保しておきたいという命題がある中で、しかし採り得べき形式自体の自由度は高い状況。即ちダイレクトに編成部の手腕、判断力が問われることになりそうです。