毎年観て頂いている方ならご存知でしょうけど、管理人は、例年ここまで地元奈良県勢に対してネガティブな人間ではないです。それが今年はかなり弱気になってるんですよねえ・・・

近江×PL学園
履正社の強力投手陣を攻略したPL打線と近江の好投手小川くんの勝負ですが、近江打線は県大会であまり打ててないだけに、PLとしては仮に小川くんに中盤くらいまで殆ど手を出せない展開でも、エース左腕山本くんの粘り次第では十分勝機が生まれうる。逆に近江は山本くんの立ち上がりを捕らえたい。
山本くんは小柄な左腕ですが、技巧派というよりは思い切り良く内側を攻めていくマウンド度胸が持ち味の力投派。割とコントロールも荒いようなので、近江サイドが足を使いたいのだとすれば、却って助けてしまわないよう、的確に投球を見極めた上で仕掛けていく必要があるのかなとは思いますね。

神戸国際大付×立命館宇治
両校、打力に遜色はないと思うので、立宇治はエースの左腕山下の完投、国際は塩田、竹村、東郷らの継投と対照的な勝ち上がりで来た投手陣の出来にかかってきそうですね。5~6点勝負くらいで、スリリングに展開しそうな予感がしています。

奈良大付×鳥羽
成美、外大、成章と倒してきている鳥羽は打線に力があり、奈良大坂口くんとしては、恰好の試金石と言える相手かなと。鳥羽は投げても右腕松尾、左腕山田の投手陣で、打線の強くない奈良大相手に3点くらいまでには凌ぐでしょうから、奈良大としてはそれ以下の点数に抑えられるか。個人的には、そりゃ桐蔭とかに来られるよりは・・・だけど、近年の京都勢の強さを考えてもまったく楽観できる相手ではないと思っています。
あとは鳥羽が足を使えるチームということのようなので、その点も少なからず勝敗の行方を面白くする要因にはなってきそうです。

箕島×津名
津名は3決で滝二に力勝ちしてきてるんですよねえ。打てるチームで潮崎、村西の投手陣も力量あり。今夏大量の新入部員が加わり、素質の高い1年生が多くメンバーに名を連ねる箕島を序盤の勢いで呑み込めるかが鍵を握りそうですね。順位ほどの地力差はない対戦でしょう。

龍谷大平安×大商大堺
平安の優位は揺るがない。商大堺は投手陣が粘って接戦に持ち込むしかないですが、平安打線も夏とはメンバーが多く入れ替わった中で旧チームほど一気呵成の得点力を秘めているわけではないのが救いか。個人的には波乱を期待したいカードなのですが・・・

和歌山東×北大津
和歌山東は右サイドハンドの津森、北大津は左腕草野と好投手を擁し、接戦か。近畿大会にめっぽう強いイメージがある北大津の試合巧者ぶりを近畿大会初出場の新鋭和歌山東がどう打ち破るのか楽しみなカードです。
北大津が勝つ場合には5点以上もありそうですが、逆の場合は3点勝負までか。

天理×報徳学園
単純な個々の能力では数段天理が上なんだろうけど、「そうではない」と評される年度の報徳がどれだけチームとしてしぶとく、強いチームであるかは身に沁みていますから・・・
見所はそういう持ち味を出し用がない展開にする、つまり報徳の1年生左腕主島くんを早い段階で攻略し、味方のエース斎藤くんに余裕を持った状態で投げさせられるかでしょう。 
打者では全員がキーマンですが、とりわけデータ分析もバッチリなされているであろう上位が警戒されて抑えられたときに、県大会同様、川崎くん以下の中位~下位がどれだけ振れるかでしょう。

大阪桐蔭×日高中津
桐蔭は府大会の結果を追っていても、この時期の戦いぶりにしては例年以上に無難に危なげなく勝ってきてるんですよね。
大きな苦戦を知らないというのが逆に弱点となる可能性もあり、懸念はエースの田中くんが予想外に打たれた際に露呈することになりそう。その点日高中津は県大会で智弁和歌山の好左腕斎藤を攻略、コールド勝ちしているだけに、王者を慌てさせる展開もないとは言えないでしょう。