12月10日
海の上の診療所 第8回
佐々木希さんってホント美人ですよね。美貌すぎるあまり、さんまさんに「整いすぎておもろない」とまで言わしめたくらいですから。別に一番好きとかじゃないけど、「芸能界で一番美人だ」と書いても、大げさじゃないとは思ってる。
んでもって、福士くんは残り数回でも結構複雑なポジションが続く感じなんだなあ。てか、残り3回で消化できるのかな・・・
それにしても、マドンナの彼氏枠はひ弱な奴が多いなあw 2人に1人くらいの確率で運ばれてるぞ。

海の上の診療所 第9回
ぶっちゃけ、榮倉奈々さんにはハードルの低い役なんじゃないかと思ったけど、榮倉さんだからこそ、これまでになかったレベルの緊迫感が出て面白かった。紀香ねえさんフィーチャーは残り回数的にどうかと思ってたけど、上手いこと絡めてくるなあと。
で、残り2回と知って「次は絶対ドクター航大の初恋相手(EDの鉄拳イラストに登場)だ!」と見てたのですが、研修医時代の憧れのお医者さんか~ 

余談
なんか、残り2回の割にはいろいろやりきれてない感じのことが多すぎて、続編やるようにしか見えないんだけど、現実的にどうか・・・と考えると。。いや、めっちゃ観たいんですけどね。
余談2
振り返ってみれば、マドンナ役にハマってマコさんの話を「ちゃんとしてません」が、このドラマを見ようという入口がマコさんだったわけなので、まあ、そういうことにしておいてもらえればw

ちゅらさん えりぃ? こはぐらえりぃ・・・?
文也くんと再会。いざ会うと何話していいか分からなくて恵達の話始めるシーンにたまらなくキュンとなる。



12月9日
ごちそうさん 旅立ちの春が来た
和枝ちゃん「♪女の華道を笑顔で送り出して」

まあ、そうはイカのなんとかってやつなんだろうけどさ。。あと、安西先生だっけ?は、もう少し見た目を変えてくれないと「磯貝先生過ぎて」、かぶっている仮面の皮がもう一重多く見えてしまうw



12月4日

再来年の大河ドラマ、タイトルと主演が発表されましたね。一部内定報道が出ていた通り、井上真央さんが、吉田松陰の妹である文を演じるそう。幕末のヒロイン路線としては、「篤姫」「八重の桜」と続いてきた流れがあり、近年では成功作となった部類である「篤姫」がダイナミックで総論的な歴史を追っていることに比べると、「八重」にせよ、この作品にせよ、各論的ではあると思うので、数字的にはどうしても地味になっちゃいそうな予感はありますが、内容的には面白くなりそうなところを突いてるようにも思うので、あとは「江」のようなファンタジー路線ではなく、「八重」のような硬派路線になればな・・・と。ただ、井上さんって、どっちかというと前者向きのような気もするしなあ。。

余談1
たださ、数字云々は大事だろうけど、「清盛」にせよ「八重」にせよ、低い低い言われる中でも、内容は見応え多く作られてると思うんですよねえ。地味だとかなんだとか低い理由がわからなくもないし、お世辞にも派手な作りではないけど、だからといってそれが「観ない」理由にはならないので、その点、松山さんが「清盛」後に話されてた「ちゃんとしたものを作ったんだから逆に胸を張っていい」という心境にはとても同意できるところが多いです。

余談2
「篤姫」がすごいのって、初回視聴率はそんなに高くない(注目度はそんなに高くない)のに、平均では大きく数字を上げてる。大河って、初回→平均で数字を下げることが殆どですから、逆に3~4くらい上げてるというのは、なかなかもって稀有な例ですよね。
まあ、「篤姫」はそういう推移が当然と思えるくらい、近年ではスペシャルな面白さだったもんなあ(押し付けはしないですけど)。「化ける」って、きっとこういう作品のことなんだろうなって。。


ちゅらさん
一風館住人のえりぃ評
真理亜さん「宇宙人、またの名を悪魔」
容子さん「沖縄が生んだ天然記念物」
管理人さん「生まれたままの赤ん坊」

その他の見どころ
・古典的な芸当に釣り出される、意外にダサい島田さん(笑)
・意外に饒舌な島田さん。酒、だいぶ入ってるなw
・と、ここまで、教科書通りの「お約束」なのに、なんでこんなに面白いんだろう
・黒島さんが連れてきた友達二人が・・・完全に

プライベートのBEGINじゃねえか!


ごちそうさん
とにかく面白い。「はもにかってなんだ!」って嫌でも食いついちゃいますもんね。

・・・の上でアレなんですけど、ここまで大阪編が進んで、東京の人たちが殆ど出てこないのって、やっぱりこの後の展開に影響してたりするのかなあ。。まさか、この時代物の中でも、かなり深いところまでさかのぼって描いている作品の中で素通りはすることはないでしょうからね。。