もう、明日には始まっちゃうし、新チームの動向もそこまで把握しているわけではないので、ごく簡単にですが。
まず、組み合わせ抽選の結果については、こちら(奈良高野連サイト)でご確認下さい。

Aブロック
強豪智弁学園が圧倒的優位。昨季同様投手陣に不安のある陣容ではあるものの、岡本、吉岡、大西ら前チームから殆どが主力を担う野手陣の力量は他校を凌駕、今夏代表の桜井や実力校の奈良、五條ら骨のある学校は揃っているが、横綱の牙城を崩すには投手陣が未知数と言わざるを得ない。

Bブロック
2季連続8強入りの香芝、4年ぶりの近畿大会出場を目指す関西中央、上位常連の登美ケ丘、年々地力を増している感のある青翔など実力拮抗の混戦模様。関西中央は前チームでも投げていた江藤投手がある程度は抑えると思うので、あとはここ数季まともに機能していない(最高でも2点くらいしか取ってないような。。)打線が繋がるならば最右翼になってくるのでしょうけど。。
後何気に気になっているのが、近年力をつけてきている西大和。順調なら2回戦で夏にも対戦して破れている香芝とやりそうで、夏も敗れたとはいえ打線が迫力を示して健闘しています。メンバーは殆ど変わらないわけですから、より競った展開とできるかどうか楽しみです。

Cブロック
昨秋ファイナリストの天理と大和広陵が順当なら3回戦で対戦する。そして、その勝者を昨秋4強の一条、同3位の橿原学院の勝者が迎え撃つことになりそうな最激戦ブロック、しかも、天理は初戦の相手が春に負けている奈良朱雀になりそうだし、広陵も初戦の相手は地力のある奈良北と御所実の勝者。まあどこかに組み合わせが偏るのは毎年恒例とはいえ、この中から1つしか近畿に出れないってのはキツイですよね、ホント・・・

天理は前チームと比べれば、絶対的なエースこそ居ないもののコマは多く、貞光、大橋、寺崎ら打線も粒ぞろい。
ただ、立田は、単に球が速いだけではなく、内も突けて、緩急の付け方も上手い。経験十分でここ一番での踏ん張りにも期待が持てますから、いかに天理打線とはいえ苦戦は必至で、今夏の智弁戦同様勝敗はどちらに転ぶか分かりません。広陵の若井監督は采配、戦術眼にも優れた指揮官、天理投手陣がいかんせん公式戦等の経験が不十分なことを踏まえても(奈良大戦で投げた投手も複数いるとはいえ)、接戦に持ち込めば、見劣りの否めない広陵打線とて付け入る隙は十分にあるでしょう。
後、今夏生で見た投手として、御所実の大山は制球難ながら、指にかかったまっすぐには見るべきものが多い素材だったので、どれくらいコンスタントになって来ているか楽しみ(外野をしてた中西も投手が出来るようなのでどちらがエースになっているかは不明ですが)。打線も前チームからそれなりに残っているので、投手が良ければダークホースになれるかも。また、その御所実と夏に大打撃戦を演じたメンバーが5人くらい残る女子大付打線と一条の好投手中谷との対戦も実現するなら楽しみ。

Dブロック
悲願の甲子園を目指す奈良大付がリード。追う筆頭は郡山か。他にも高田商、平城、橿原、畝傍、二階堂ら上位常連校や好投手を擁する好チームが多く、波乱を演出できるかどうか。
選手としては、二階堂の坂田って、なぜかこの夏は登板しなかったのですが、春先から評判のいい投手だったので、復調しているなら強豪相手にどういうピッチングをするか楽しみです。


とりあえず以上ですが、また、回戦終わりごとに熱戦メモの更新を行えればと思っていますし、生観戦については、9月28日(天理×広陵、一条×橿学が予想される日)を予定していますので、その内容も踏まえ補足とさせていただければ。
Aブロック