出先からなので、手短に。

奈良大付×桜井
連投となる桜井のエース竹野くんの出来に尽きます。
逆に奈良大からすれば、昨日のような序盤から畳み掛ける展開でねじ伏せるのが理想となってきます。披露の溜まっているであろう久保くんをいかに楽にさせられるか。接戦で終盤勝負なら桜井も試合巧者ですから、どちらが勝ってもおかしくないでしょう。

予想は奈良大付。そっけない書き方で申し訳ないですが、また後日しっかりと更新いたしますので。