では、下半期の新規記事一本目として、本日発表された選手権奈良大会の組み合わせについて、ブロック別におおまかな感想・展望を記していきます。県高野連が全国屈指に「仕事の遅い」組織であることもあいまって、当日更新が少しでも何かの役に立てば・・・という意図で書いている以上、非常にざっくりとした内容になるかとは思いますが、そこは開幕までの間にアップする予定の、ベスト8予想および初戦全カード予想を含めた詳細な展望記事をお待ちいただければ幸いです。

なお、組み合わせについては、「ドラマティックナイン」公式ツイッター様(こちら)の投稿より画像リンクを辿り、御覧ください。
<Aソーン> シード校:橿原学院
 3季連続県4強入り、今春には初の近畿大会出場も果たしたシード校の橿学が中心も、初戦となる2回戦の相手が一昨年4強、昨年準優勝と近年夏に脅威的な底力を発揮している畝傍となる可能性が大きく(1回戦で西和清陵と対戦)、ゾーン突破に向け大きな難関になりそう。両校は今春8強で対戦しており、その時は橿学が2-0で勝利。今回も対戦が実現すれば、やはり橿学は中尾、畝傍は高原と経験豊富な両エースの出来が勝敗のカギを握ることになるでしょう。
その他、橿学の山には春8強入りの香芝が入り、西大和との2回戦が初戦となります。
橿学ブロックと4強入りを争う山では春に関西中央を零封した木村投手の御所実と秋・春16強入りで強打を売りとする女子大付の対戦が興味深いところ。
また、旧チームから主力を張る長身左腕竹野と植地のバッテリーを擁しながら秋・春ともに初戦敗退が続いている桜井は不気味な存在。昨夏8強の添上と春16強入り法隆寺国際のカードも接戦が予想されそう。

<Bゾーン> シード校:智弁学園
2年ぶりの出場を狙うシード校智弁学園の初戦はいずれも春にベスト16している奈良北西の京の勝者に。さほど投手力のある相手ではないだけに、横綱の優位は揺るがないが、懸案事項である投手陣の出来が芳しくなければ苦戦もありうるでしょう。同ブロックに入った登美ヶ丘二階堂奈良の中では昨夏8強など、毎年夏に底力を発揮する登美ヶ丘がリードしている印象も極端な差はなく、二階堂、奈良も投手陣の出来しだいでは十分に対抗しうるはず。
その智弁ブロックと4強を争う山も実力派揃い。昨秋以降未だ県内公式戦で無失点を継続させている豪腕立田で春夏連続出場を果たしたい大和広陵の初戦は、近年着実に力をつけている青翔。強打を持ち味とする青翔がどこまで立田に食らいつけるか。そして、その試合の勝者と2回戦でぶつかるのが、中谷、藤井らの投手陣を爆発力ある打線が援護する昨秋4強、今春8強の一条。仮に下馬評通り大和広陵が勝ち上がるなら、この2回戦は昨秋4強の再現となる。その時は大和広陵が立田の好投とソツのない攻撃で7-0と快勝を収めているだけに、一条としては大いに期するところがあるでしょう。
このブロックには、昨夏16強入りの原動力となった力投派右腕東井を擁する磯城野も入っており(初戦となる2回戦で山辺と対戦)目の離せない試合が続きそうです。

<Cゾーン> シード校:奈良大付
今年もというべきか(汗)奈良大付のブロックが最大の激戦区となりました。初戦となる2回戦では春8強の伝統校郡山高円の勝者が待ち構え、3回戦では、昨夏覇者ながらノーシードに回った天理が手ぐすねを引く。
もっとも、天理も2回戦で初戦を勝ち上がった昨夏8強関西中央と昨秋8強奈良情報商の挑戦を受ける形となるだけに、とにかくすべてのチームにとって大いにヘヴィーな大会前半の戦いとなりそうです。スンナリ奈良大と天理の勝者が8強という形になるのか、あるいは・・・順当ならば奈良大‐郡山、天理‐関中と組まれる2回戦は休日開催の予定となっていることもあり、当日の活況が予想されます。行きたいなあ・・・
その激戦奈良大ブロックと4強を争う山に入ったチームの中では昨秋8強の高田と今季は結果を出せていないものの、例年中位以上の常連校となっている平城五條が有力視される存在でしょう。秋のコールド負けから春はロースコアに立て直した大淀、今年こそ夏の1勝を果たしたい榛生昇陽が続く。

<Dゾーン> シード校:橿原
県内屈指のサウスポー岡野投手で春4強入り、見事シード入りを果たした橿原が軸となります。初戦となる2回戦ではいずれも潜在能力の高い好投手を擁する王寺工(辻井)、大宇陀(太田)の勝者を迎え撃ちますが、総合力で上回るだけに優勢は動かないはず。むしろ3回戦での対戦が有力視される上位常連校の高田商(初戦となる2回戦で生駒と対戦)が珍しく秋~春と8強にまで手を届かせていない分、不気味。秋に主力で投げていた投手が春に1試合も投げていないのが気がかりですが、順調に戻ってきているようなら楽しみですね。
その橿原ブロックと4強入りをかけてぶつかる山の中では安定して16~8強クラスへ入ってくる高取国際と同じく中上位の常連で今春初戦で天理を破る金星を上げている奈良朱雀(1回戦で奈良高専と対戦)が他校をリードするか。両校は順調ならば2回戦で対戦するだけに、勝者と8強をかけてぶつかる十津川帝塚山の勝者にも下馬評を覆す活躍を期待したいところ。


ってことで、思いつくままにブロック別の大まかな情報を書き連ねて行きましたが、結局だいぶ長くなりましたね(汗)これだけで十分アウトラインの役目は果たせたような気はするので、数日後(たぶん今週末)にアップする記事は、より個別の予想に特化した形で行なっていければと考えています。