では、一連のラストとして現状のスターティングオーダーについての分析等やっていきます。

対右投手時
TYPE1
6安部
4菊池
8丸
3エルドレッド
9松山
5堂林
7ルイス
2石原

TYPE2
4菊池
8丸
7ルイス
3エルドレッド
9松山
6梵
5堂林
2石原

別案
4菊池
8丸
9廣瀬
3エルドレッド
7松山
6梵
5堂林
2石原



対左投手時
TYPE1
4菊池
8丸
9廣瀬
7エルドレッド
6梵
5堂林
3栗原
2石原
<対右>
3番ルイスの不発で上位打線の並びにやや試行錯誤中といったところ。1番菊池、2番丸の流れを変えて、安部をトップで使うケースも多いが、理想を言えばようやく固定にめどの立った1~2番の並びを変えたくないし、まして安部は梵と併用で使われている現状、固定して使われる選手ではないことを考えても、起用時にも基本的には下位に置いておきたいところ。
その点、バランスという意味では対左投手時のスタメンとして毎試合結果を出している廣瀬の常時起用が現実的な方案となりそう。菊池、丸の1~2番と中軸を繋ぐ役割をソツなくこなせる上、外野守備力の向上という意味でもメリットは大きく、早ければ16日の試合からでも採用される可能性もある。

<対左>
こちらは大きな不安も布陣的なアンバランスもなく、しっかりと機能している。今後変更の余地があるとすれば、7番に甘んじている栗原を5番に上げ、梵以下を繰り下げるという形、そうなった時に打線の厚みが一層増すことになることは想像に難くありません。
もちろん、エルドレッドの守備が不安というのはあるのですが、かつてフィリップス、マクレーンらがレフトに入っていた時期のことを考えれば、それよりかは上手い気はするし、守備固めの選手もしっかり入ってリードした終盤の備えは出来ていますから、攻撃面を重視して先に点を取りに行く布陣を採用するメリットは大きいはず。特にこの対左時スタメンは、今季ここまでいい結果を出していますから、見ていても自信を感じるし、見ている方も自ずと期待のできる陣容になっているだろうと思っています。


おまけに交流戦DH採用時オーダーの予想。それまでに栗が復調しているという期待込みで・・・

対右
4菊池
8丸
9廣瀬
Dエルドレッド
3栗原
7松山
6梵
5堂林
2石原

対左
4菊池
7丸
9廣瀬
Dエルドレッド
3栗原
6梵
5堂林
2石原
8赤松

んで、対左時のオーダーを採用した場合、右打者が殆どいなくなっちゃうから、投手1人減らして、鈴木将・小窪・迎あたりから誰か上げて来る感じになるのかなと。