今年はセ・リーグも大概難しいわけですが、それでもパ・リーグの読めなさからすれば可愛いもの。ソフトバンクがBクラスに落ちることはないだろうということくらいしか強調できる中身がありません・・・

1ソフトバンク キープレイヤー:ファルケンボーグ
投手は故障がちのファルケンボーグが抑えを全うできるか、そうでない場合五十嵐や岩嵜でいかにカヴァーできるかという不安はありますが、それ以外についてはまったく隙のない陣容、野手陣も柳田がレギュラーに定着し、新4番候補の一角ラヘアも好調で開幕を迎えた。控えも松中が好調で、若い中村も内川、長谷川を欠くOP戦で結果を残している。相変わらず二遊間のバックアップに懸念は残るが、本多を故障で欠けば、松田や中村をトップで起用できるオプションも有り、パターンの多さという意味でも他球団の一歩上を行くのかなと見ています。

2オリックス キープレイヤー:金子千尋
毎年の傾向である野手陣を中心とした序盤の「重さ」さえ克服されれば・・・と思うのですが、とにかく選手は揃いましたから、やってもらうしかない。リードを大きくとったりといった小さなところからでも、着実に森脇体制下における走塁意識の高まりは感じましたし、使える選手はドンドン足も使っていく野球を徹底したいところ。
先発にせよ、抑えにせよ、未知数さはあるのですが、いないと言うのも贅沢な陣容、そこは首脳陣のやり繰りが大事になるし、金子が開幕に間に合うという報道も良し悪しというか半信半疑というか、彼がシーズンの3分の2でも投げてくれると、こんなに大きいことはないですから、なんとかいい方向へ行ってくれれば・・・と願います。開幕ダッシュさえ切れれば優勝も十分あり得るんだけどなあ。。

3日本ハム キープレイヤー:吉川光夫
投手陣はケッペル、宮西が間に合わないのは心配ですが、気がかりだった吉川がきっちり仕上げて、中村などの若手や新垣などのルーキーもある程度やれそうですから、大丈夫。糸井、田中の抜けた打線もアブレイユがしっかり中軸に嵌りそうで、大引の存在もプラス。西川、杉谷あたりがレギュラーとしてどれくらいやれるかですが、バイプレーヤーの質も安定していますし、大崩れすることなくAクラスを維持することができるはず。

4西武 キープレイヤー:サファテ
先発陣はリーグ屈指の陣容を揃えており、抑えもここに来て大石に固まりつつあるのは収穫。中島が抜け、中村が怪我の打線もここまでは予想以上に当たりが出ている印象で、金子、片岡、永江と足を使える選手が並ぶスタメンは興味深い。シーズン序盤のパフォーマンスに課題を抱える秋山、浅村あたりがシャキッとできれば、打線に厚みが出てくるでしょうね。基本的にはAクラスに準ずる評価をしていますが、今年はオリックスを上に置いた関係で1つ下にズレざるを得なくなりました。裏目に出るのか否か。。

5楽天 キープレイヤー:釜田佳直
田中に続く存在として昨季台頭した先発陣のさらなる飛躍が望まれるところ、釜田、美馬が開幕ローテに食い込めそうな一方、塩見、辛島は怪我で開幕2軍、その分ルーキー則本が開幕投手候補に名乗りを上げるなどしているが、ともかく彼らの出来が小さくない鍵を握っているのかなと。
一方、打線はマギー、ジョーンズの両助っ人が不安を抱えた開幕となっており、懸案の得点力不足解消は未知数。脇を固める生え抜きの国産選手は次々輩出されているだけに、なんとか彼らが中軸として存在感を発揮していければ・・・とは見ていますが。。ただ、楽天の場合去年もそのセクションに光明を見いだせない中、CS争いを演じたわけですから、その意味で投手陣の出来を昨年並み、あるいはそれ以上と出来るかが重要。抑えの青山も通年で輝けるのか、期待しています。

6ロッテ キープレイヤー:唐川侑己
他チームと比べ先発陣が明確に弱い点をどうしても強いマイナスとして見てしまう。もちろん、「期待」として考えれば十分に楽しみは募るのですが、それはどの球団も同じなわけで、グライシンガーが開幕に間に合わず、期待の大きかった植松や木村もプレシーズンで結果を残せなかった現状を鑑みれば不安は大きいと言わざるをえない。また、里崎が間に合わない正捕手事情も、江村に愛着あれどさすがにまだ荷が重く、開幕直前に加入の川本も力はある選手ですが、いきなり存在感を発揮できるかとなればなかなか難しい。
打線の得点力という意味では、噛み合っているときの迫力には相応のものがあり、夏場以降疲れの見えるベテラン陣に休養を与えながら・・・というやり繰りについても、鈴木大、細谷らを起用することで機能していきそうなので、バッテリーの強化・安定さえ伴えば十分Aクラス争いに参入していけるとは見ていますが・・・
過渡期・発展期という位置づけのシーズンではあるので、来年につながる材料をどれだけ見いだせるかも楽しみです。