じ、時間がない。すいません、根拠とかほぼすっ飛ばしてしまいますが、とりあえず開幕までに間に合わせなきゃという感じで仕上げました。改めて開幕後に戦力分析記事を書いていくので、詳しくはそこで補うという形にさせてください。

コメントの方も、なかなかすぐにお返しできないかもしれませんが、後日ゆっくりじっくりレスさせていただきますということで、ご了承くださいm(_ _)m
毎年、この辺りで雨天順延と言う名のオアシスが更新を幾分楽にしてくれる要因となるのですが、今年は果たして・・・

セ・リーグ
1巨人 キープレイヤー:阿部慎之助
 WBC組のコンディションに不安あり、野手の底上げもいまいち進んでいないのは懸念ながら投手層の圧倒的な質量は健在。絶対的優位は揺るがない。

2阪神 キープレイヤー:久保康友
好補強を展開した打線は機動力、ディフェンス面を考慮してもバランス良くリーグ屈指、4枚が安定し、そこに藤浪らが続く先発陣も大きな不安はない。懸案は一にも二にも藤川が抜け、渡辺、筒井が開幕に間に合わない救援陣だが、久保が大崩れせず、鶴、藤原の中堅クラスが頑張り、福原、安藤、加藤らのベテランでギリギリ持ちこたえてけが人の復帰や若手の台頭が叶う時期まで団子状態を形成すれば、最終的には半歩抜ける地力を持っているはず。どうしても厳しいようなら、先発投手の配置転換も決断していく必要があり、その決断をいつ、いかに出来るかも重要。また、抑えの新外国人もリストアップしているようですが、メドが立つのなら、そのときのチーム状況に鑑み、コンラッドやマートンの登録を外してでもセットアップやクローザーとして起用していく判断が求められるでしょうね。

3広島 キープレイヤー:栗原健太
先発陣は5枚目以降の層が薄く、2年目の野村にも不安があるので周りが褒めてくれるほど凄くないが、永川に復活の兆しが見える中継ぎは今村、ミコの負担を減らす起用が出来そう。 最大の懸案である打線は1・2番が菊池、丸で固まり、主砲エルドレッドも好調。栗原も開幕に間に合ったが、松山、鈴木将も好調で定位置争いが展開されるのも好材料。6番梵、7番堂林が打線に更なる厚みを生み出せるか、巨人に対する苦手意識をどこまで払拭できるかも鍵になる。

4ヤクルト キープレイヤー:バレンティン
勝ち方を知っているのは強みながら、けが人の多さは相変わらずで、毎年大型連敗の時期を作ってしまうのが難。他チームにも少なからず弱点があるだけに、戦績の安定感を買われて上位予想が多いですが、戦力的には大きな強みがないので、Aクラスに入るにしても昨季以前のような団子状態を強いられる中で勝ち切っていく形でしょう。打線にバレ、川端のいない序盤にどういう戦いができるかが見どころ。


5DeNA キープレイヤー:ブランコ
下位まで力強く、随所にいやらしい選手も並ぶ打線はホントに良いメンバーが揃ったと思います。先発陣に明確なテコ入れを成せなかったのはたしかですが、それでも打線の援護に護られて幾分は改善するだろう。
大事なのは兎にも角にも開幕後の戦い。4月末に5割近辺で戦えているなら、案外そのまま団子レースの中で取り残されずに頑張れるかも。 試合運びとしては序盤に先行する形で先発を楽に投げさせられるかでしょう。

6中日 キープレイヤー:ルナ
投手陣は思ったほど若手が伸びて来なかった印象で、ある程度は出てくるだろうけど・・・という感じ。打線もブランコが抜けた不安が大きく、ルナ、クラークの新外国人が頑張っても全体的な高齢化は避けられないだけに、期待の大きい若手~中堅クラスを今年こそ不動の1軍戦力へと組み込みたい。
なんだかんだでAクラス常連のしぶとさが残っており、大きく低迷することはないと思いますが、一番重要な時期にかつてCS争いを演じた頃に示した底力を発揮できるかは微妙な気がします。


ってことで、セ・リーグも2位以降はいつの間にかパ・リーグ同様の混沌時代に突入しつつあるのかなという感じで、毎年2~3チームで構成されるCS争いも今年は2~6位すべてに波及して展開される可能性があります。


カープに関しては去年かなりAクラス入りの予想をしている人が多くて、結果ああいう自滅的な逃し方をしたことから愛想を尽かされている感も強いです(苦笑)一部にはDeNA以外に勝てないから、そのDeNAが強化される今年、順位を下げるのは必然だという声もありますが、まあ、そこは四の五の言わずに、結果を待つだけでしょうね。