結局2日遅れになってしまいましたが、人的補償のニュースについてもコメントしておこうと思います。何分、場所中だけにそれ以前の発表を予想していたときよりも文章量は少なくなってしまいますが・・・


人的補償における補強ポイントがどのあたりになるのかという見立てについては、こちらの記事で触れたとおりですが、さすがに馬原は読めなかった(苦笑)ソフトバンクサイドとしても、高年俸・翌年FA・故障上がりとこれだけマイナス要素があれば、よもや獲ってくることはないという腹があったようですし、プロテクトすべき選手の多さ故、一概には責められないのですが、実際に獲られてしまったとなれば単純戦力としてはもちろん、それ以外の要素においてもダメージは大きいであろうと評さざるをえないし、去年の帆足で上手く行きすぎたことも、あるいはマイナスに作用したのかもしれません。今のソフバンの戦力的な分厚さを鑑みるならば、人的補償のリスクを負ってまでFA補強という手段に動くよりは、むしろトレードの手法に出るほうが、よりリスクを小さく済ませられるのではないかなどということも考えさせられますね。

一方のオリックスですが、もろもろのリスクを理解した上でそれでも獲得に動いたのでしょう。予想は出来ないし、其の判断が正解であったかは後にならなければわからないですが、編成としての意欲は大いに伝わってくる補強であることはたしか。最終決定が遅れに遅れたのも、この選手を狙っていたのならば・・・と納得するところが大きいです。

もっともリスクの点に関しても、年俸面は人的以外にも金銭は付いてきますから、それを勘案すればひどく大きな出費ではないし、FAリスクに関しても、まず来季にそれなりの結果が出た上でのことですから、それならそれで・・・とも思えます(このチームで結果を残せば、相応の愛着も生まれてくれるでしょうしね)。さらに怪我についてももちろん楽観だけではないでしょうが、順調に来つつあるようですから、それらを総合して「当たった時」のリターンを見積もれば、断然収支はプラスに動きます。来季の投手陣、寺原の抜けた先発に岸田が移るという構想もあり、馬原がその分を埋めるセットアップ、もしくはクローザーとして平野佳とコンビを形成すれば、大きな戦力となることは想像に難くありませんよね。

チームにはソフバン入団当初から知る森脇監督がいて、今年合同自主トレを行った西や大学の1年後輩でソフバンでも同僚としてプレーした高橋秀聡などもいますから、馴染むのも早いでしょうし、人間的にも評価の高い選手、精神・技術両面において西、塚原ら若い投手が彼から得ることも多いはずです。

コメントを見ても意気に感じて大阪に来てくれるであろうことは読み取れますから、ファンとして応援したい気持ちでいっぱいですし、今季の復活を強く期待しています。




ちなみに、アメーバで書いた記事についての具体名ですが、ある程度実績のある俊足堅守型外野手は城所、捕手は山崎、中継ぎ投手は藤岡、金無英あたりのイメージでした。城所(彼はプロテクト内となっていた可能性も高いので、あるいは彼と同タイプの選手というニュアンスでもいいですが)に関しては、坂口の仕上がりが順調ということも見送る要因になったでしょうし、投手に関しては中堅クラスの戦力ならば、断然馬原に目が行くということになります。唯一、捕手だけは抑えておきたい気持ちが強かったと思いますし、実際のプロテクト外名簿に山崎、あるいは高谷あやりの名前があったのかどうかはわからないとしか書きようがないですが、まあ、仮に名前があっても馬原との比較ならそういうことになるのかなあ・・・とは思います。

もちろん、捕手に関しては今季も不安が否めない現状ですが、そこは伊藤とルーキーの伏見が競い合って育っていく理想形がハマってくれれば・・・と願っています。ともかく我慢して使っていくしかないですからね。