多方面要素複合系。ブログ 新館

5年以上続いた多方面要素複合系。ブログ(http://bit.ly/dnktQj)の後継ブログ。基本的に更新スタイルに変わりなく、スポーツ観戦と企画もの記事、予想記事等が中心、隙間の時期に音楽関係の記事を更新できればと考えています。

※コメント欄に関して、投稿の内容・投稿者間での議論等、基本的には制限を設けませんが、他の方のコメントや特定のチーム・個人等に対する度を超えた批判や中傷、記事内容と直接関係のないコメントの投稿はご遠慮ください。 また、そのような投稿に関して、レスをしないことや予告なく削除をすることもありますので、予めご了承ください。

私撰!セカンドシングルコレクション(1) 一青窈「大家」

今日は早めに相撲記事を書けたので、音楽記事パート3の更新ができます。

で、何をするかと言うと、個人的にピックアップしたアーティストのセカンドシングルをダダダッと流していきます。

もちろん、一口にそういう言い方をしてはみたものの、1st時点ではまだブレイクしていなかったアーティスト、1stでブレイクし、期待を受けて2ndを放ったアーティストなどなどあります。
ただ、歴史を後から追うことができる特権を生かし、純粋に楽曲に絞って印象を抱いてみると、決してそのアーティストにとっての代表作と呼べる作品が多いわけではないながら、1stの路線をシンプルに踏襲していたり、一転ガラッと変わったことをやっていたり、アルバムの先行だからイントロ的に作られているものだったりと、割とクッキリそのアーティストなりの傾向が投影されているのが2ndシングルという「表現」なのかなと感じました。

まあ、以上前置きを色々書くのが面倒くさいので、なかなか取り掛かれずにいましたが、ひとまず第1回を更新していきます。全体としてはマンネリ化が嫌なので、10回くらい書いたあとにはスパっと新企画に移ろうと思っています(次の企画ももう決めてあります)。




続きを読む

気ままに名曲セレクション(2) ゆず「青」

今日は音楽記事新機軸パート3の第1回を更新する予定でしたが、アメーバの相撲記事を書きすぎたのでやめました(苦笑)

ってことで、今日はパート1の第2回。率直に今聞きたい曲ということで、03年2月リリース、ゆず15枚目のシングル「青」をチューニング。オリコン最高4位、4週連続シングルとして話題を呼んだ一連のシングル中、最初のシングルでもありましたね。
文句なしに元気の出る王道作品。未だに紛うことなくゆずの中で一番好きな楽曲と断言できる最強の「冬うた」です!





オリックス、FAでソフトバンク移籍・寺原の人的補償は馬原!

結局2日遅れになってしまいましたが、人的補償のニュースについてもコメントしておこうと思います。何分、場所中だけにそれ以前の発表を予想していたときよりも文章量は少なくなってしまいますが・・・


人的補償における補強ポイントがどのあたりになるのかという見立てについては、こちらの記事で触れたとおりですが、さすがに馬原は読めなかった(苦笑)ソフトバンクサイドとしても、高年俸・翌年FA・故障上がりとこれだけマイナス要素があれば、よもや獲ってくることはないという腹があったようですし、プロテクトすべき選手の多さ故、一概には責められないのですが、実際に獲られてしまったとなれば単純戦力としてはもちろん、それ以外の要素においてもダメージは大きいであろうと評さざるをえないし、去年の帆足で上手く行きすぎたことも、あるいはマイナスに作用したのかもしれません。今のソフバンの戦力的な分厚さを鑑みるならば、人的補償のリスクを負ってまでFA補強という手段に動くよりは、むしろトレードの手法に出るほうが、よりリスクを小さく済ませられるのではないかなどということも考えさせられますね。

一方のオリックスですが、もろもろのリスクを理解した上でそれでも獲得に動いたのでしょう。予想は出来ないし、其の判断が正解であったかは後にならなければわからないですが、編成としての意欲は大いに伝わってくる補強であることはたしか。最終決定が遅れに遅れたのも、この選手を狙っていたのならば・・・と納得するところが大きいです。

もっともリスクの点に関しても、年俸面は人的以外にも金銭は付いてきますから、それを勘案すればひどく大きな出費ではないし、FAリスクに関しても、まず来季にそれなりの結果が出た上でのことですから、それならそれで・・・とも思えます(このチームで結果を残せば、相応の愛着も生まれてくれるでしょうしね)。さらに怪我についてももちろん楽観だけではないでしょうが、順調に来つつあるようですから、それらを総合して「当たった時」のリターンを見積もれば、断然収支はプラスに動きます。来季の投手陣、寺原の抜けた先発に岸田が移るという構想もあり、馬原がその分を埋めるセットアップ、もしくはクローザーとして平野佳とコンビを形成すれば、大きな戦力となることは想像に難くありませんよね。

チームにはソフバン入団当初から知る森脇監督がいて、今年合同自主トレを行った西や大学の1年後輩でソフバンでも同僚としてプレーした高橋秀聡などもいますから、馴染むのも早いでしょうし、人間的にも評価の高い選手、精神・技術両面において西、塚原ら若い投手が彼から得ることも多いはずです。

コメントを見ても意気に感じて大阪に来てくれるであろうことは読み取れますから、ファンとして応援したい気持ちでいっぱいですし、今季の復活を強く期待しています。



続きを読む

13初場所各種予想(2)

では、幕下以下の休場力士や初日の割も発表されたということで、早速予想していきたいなと。

幕下 齋心 7-0
九重トリオの誰か、特に千代嵐あたりに「そろそろ感」は漂うのですが、ハマれば一気に・・・という意味では着実に力を蓄えてきたこの力士にも可能性はあるのかなと。ここ何年かでも高安、旭日松、竜電と平成生まれの有望株が12~13枚目の全勝で新十両に入っているだけに彼にも是非続いて欲しいところです。

三段目 琴太豪 7-0
関取経験者の土佐豊、北勝国、飛天龍は今場所も休場。ゆえに飛び抜けた存在はいないのかなと。岩崎、大砂嵐に取り残された濱口あたりはある意味「マークが外れた状態」なのかなとは思いますが、あえて先場所に続いての琴太豪に。番付的に見ても、1つ上の北勝国と1つ下の土佐豊が休場ですから、そのあたりも追い風にしていくのかどうか。1年ぶりの三段目優勝で幕下定着の足がかりを!

序二段 阿夢露 7-0
ここは先場所序ノ口で復活優勝の舛東欧などもいますが、膝の大怪我と手術を経て、元十両の阿夢露が1年ぶりの本場所復帰と聞いて応援の意味も含め即答です。本当によく還ってきてくれました。

序ノ口 玉皇 7-0
実績的に飛び抜ける玉皇と蘇のうち、蘇が休場ですから、これは選び易かった。玉皇も久々の本場所ですから、硬さはあるでしょうけど、もう一度上を目指すため、弾みのつく今場所になればいいですね。


・・・ということで、新年一発目どれだけ当たるでしょうか。十両、幕下、三段目で遂に片目が開くのか・・・?

13初場所各種予想(1)

人的補償についてですが、先に阪神が発表するというまさかの展開に(苦笑)そして、期限が明後日に迫っているオリのほうは今日も発表がなかった。報道を追っていくと、村山社長の「森脇監督とも協議した上で10日には発表したい」という5日のコメント以降、完全に止まっている状況ですから、もしかすると最終の調整で折り合わない点があるのかもしれませんね。

では、今日は2年目になる大相撲各種予想記事第一弾を紹介。去年は予想をアメーバで、結果をこちらで書いていましたが、今年からはこちらに統一して更新いたします。


幕内優勝  豪栄道 13-2
まあ、去年の把瑠都に味をしめ、「白鵬以外」ありきの予想となっていることは否定しませんが、データ的にもっとも白鵬以外の力士を推しやすいのが初場所であることは確かなので、「初っ端からいきなり勝負」という形が続くのもある意味必然のことではあるわけで・・・
豪栄道に関しては、先場所の流れをうまく持ち越し、場所前に漏れ聞こえる動向はほとんどが非常にポジティブなもの。あまりにポジティブすぎて、逆に怖い印象さえ抱きますが、故障や体調不良を抱えて挑むよりはよっぽどいい。紛うことなく、今がもっとも力の出る時期でしょうし、大関昇進へ「足固め以上」の結果を一気に出す可能性も十分にありえると踏みました。かつて、千代大海や武双山が初優勝で大関を掴んだ(古くは千代の富士もそうですね)
1月に大きなことを成し遂げ、ぜひ3月、最高の形で大阪に凱旋してもらいたいものだなと。
そのためにも大事なのは序盤戦。スロースタート傾向を脱し、中日にストレートで勝ち越した先場所の再現が叶えば・・・ 

三賞
殊勲 豪栄道
敢闘 隠岐の海12-3 雅山11-4
技能 豪栄道

必然的に豪栄道が複数という形になります。期待したいのは雅山。十両陥落でも現役続行宣言がありましたが、それを易々と甘受する結果には終わってほしくない。かつての琴錦、貴闘力、あるいは去年の旭天鵬のように・・・とまでは言いませんが、意地の土俵で大いに前半の土俵を沸かせてほしいもの。


十両 常幸龍12-3
去年1年的中なしでしたから、なんとしてもまずは「片目」をという腰の引けた姿勢ですが(汗)まあ、先場所の雪辱に燃える場所、敗れたとはいえ、先場所の終盤は開き直って攻める気持ちが出ていましたし、どこかがひどく悪いという話も聞きませんから、割りと迷わず指名いたしました。


では、明日休場情報を確認した上、幕下以下の予想を更新します。

2013大相撲界展望

まさかのオリックス、人的補償未発表・・・ 更新予定の青写真が見事なまでに崩壊したので、アメーバの方は日曜まで何も書けません(泣)

ってことで、ぶっちゃけ書くことになるとは思っていなかった(爆)今年の相撲界展望記事を書くことに。前ブログと重複部分も多いので、あくまでザックリという形としています。











続きを読む

13幕下以下逸材リポート 齋心(千賀ノ浦)編

新ブログ以降、我ながら順調に更新できている(笑)週4~5通常記事、週2~3音楽記事ってなペースで進められればと思ってます。

では、予告通り幕下以下逸材特集、齋心編です。

齋心大明(出身:石川 年齢:21歳 所属:千賀ノ浦 身長:180 体重:145 初土俵:平成22年1月)


続きを読む

ハロプロ名曲シャッフル(1) 松浦亜弥「LOVE涙色」

今日は音楽記事の新機軸パート2を。まあ、基本的にはパート1と同じく好きな曲をシャッフルするわけで、そのハロー版ということですが、その15年に渡る歴史の中で生まれた膨大な楽曲の中から、選び放題でそのとき聞きたい楽曲をセレクトしていきます。

・・・ということで、今日はベタベタですが、 01年9月リリース、松浦亜弥さんの3rdシングルにして、代表作の一つ「LOVE涙色」をチョイス。発売から11年以上経っても決して色褪せぬ、珠玉・王道のアイドルソングです。
15年の歴史の中で10曲選ぶとしても、間違いなくその中の1つに入ってくる楽曲になるんでしょうね。



続きを読む

13幕下以下逸材リポート 青狼(錣山)編

今回は先場所こそ大きなチャンスを逸したものの、昨年初~秋場所すべて勝ち越しとまさに伸び盛り。錣山部屋2人目の関取へ間近の印象も強いモンゴル出身青狼の特集です。

青狼武士( 出身:モンゴル 年齢:24歳 所属:錣山 身長:186センチ 体重:129キロ 初土俵:平成17年7月)


続きを読む

幕下以下逸材レポート 川成(尾車)編

では、未記載力士について出来る限り紹介していきます。今回は未記載力士で唯一、今場所5枚目在位。ここ数場所で急速に力をつけてきたホープ、川成をピックアップ!

川成健人(出身:香川県 年齢:21歳 所属:尾車 身長:185センチ 体重:195キロ 初土俵:平成19年3月) 



 
続きを読む
最新コメント
アクセスカウンター