多方面要素複合系。ブログ 新館

5年以上続いた多方面要素複合系。ブログ(http://bit.ly/dnktQj)の後継ブログ。基本的に更新スタイルに変わりなく、スポーツ観戦と企画もの記事、予想記事等が中心、隙間の時期に音楽関係の記事を更新できればと考えています。

※コメント欄に関して、投稿の内容・投稿者間での議論等、基本的には制限を設けませんが、他の方のコメントや特定のチーム・個人等に対する度を超えた批判や中傷、記事内容と直接関係のないコメントの投稿はご遠慮ください。 また、そのような投稿に関して、レスをしないことや予告なく削除をすることもありますので、予めご了承ください。

13シーズン ロッテの青写真

では、前回を踏まえて、現時点での青写真を。まあ、こうやってるうちにも、じきにオープン戦が始まっちゃうので、もう各チーム、確実に青写真以上の状態が出来つつあるわけですが(苦笑)

投手の△は左腕 野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち ※は開幕微妙or絶望

投手

先発
右腕  セス・グライシンガー 唐川侑己 大谷智久 (ディッキー・ゴンザレス
次候補 渡辺俊介 阿部和成  上野大樹 大嶺祐太 (小野晋吾)

左腕  成瀬善久  藤岡貴裕 
次候補  木村優太 川満寛弥 (吉見祐治) 植松優友 

中継ぎ
右腕 (益田直也) 中郷大樹 (ディッキー・ゴンザレス) カルロス・ロサ
次候補 (小野晋吾) 南昌輝 荻野忠寛 伊藤義弘 ※内竜也

左腕 松永昴大  
次候補 服部泰卓 (吉見祐治) ウィル・レデスマ 古谷拓哉

抑え  薮田安彦 益田直也
次候補 ディッキー・ゴンザレス


野手
△7角中勝也
△6根元俊一
4井口資仁
△Dホワイトセル
9清田育宏
5今江敏晃
△3大松尚逸
2里崎智也
△8岡田幸文

田中雅彦(捕手)
小池翔太(捕手)
△福浦和也(一塁・指名代打)
サブロー(一塁・外野・指名代打)
△鈴木大地(内野) 
細谷圭(内野)
荻野貴司(外野)
伊志嶺翔大(外野)
加藤翔平(外野)

13シーズン ロッテの補強戦略 1月版

今回はロッテ編!

投手の△は左腕 野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち


IN
△松永昴大  投手  ←大阪ガス(ドラフト1位)
△川満寛弥  投手  ←九州共立大(ドラフト2位)
田村龍弘    捕手   ←光星学院(ドラフト3位)
◎加藤翔平  外野手 ←上武大(ドラフト4位)

ディッキ・ゴンザレス 投手 ←巨人
GG佐藤    外野手  ←ロキテクノベースボールクラブ←ボローニャ(イタリア)


OUT
林啓介     投手 →阪神(育成選手)
△山口祥吾   投手 →BC・新潟
秋親      投手 →ミキハウスREDS
△山本一徳   投手 →引退(日本ハム職員)
光原逸裕   投手 →引退
鈴江彬     投手  →引退
石田淳也   投手
ヘイデン・ペン 投手
ダグ・マシス  投手
的場直樹   捕手 →引退(ソフトバンクスコアラー)
蔡森夫     内野手 →義大ライノズ(台湾 ※旧興農ブルズ)
今岡誠     内野手 →引退(野球解説者)
◎生山裕人   内野手 
渡辺正人   内野手 →BC信濃選手兼コーチ
南竜介     外野手 →高陽ワンダース(韓国)
木本幸広   外野手
続きを読む

気ままにハロプロシャッフル(3) 松浦亜弥「いつかは笑って歌える悲しい歌」(原曲:うたまろ)

最近、きっかとZONEと松浦亜弥さんの曲しか聞いてません(苦笑)だって、この3アーティストだけでも掘り起こして何十回と聞きたい曲が軽く50~100曲はあるんだもん(まあ、きっかは別ブログで色々書いてる途中だからというのもありますが)

ってことで、今日は09年に開催された松浦亜弥、その名もズバリ「マニアックライブvol.2」より、「いつかは笑って歌える悲しい歌」という作品を。原曲は06年にフォークデュオうたまろにより、06年に発売されたナンバーなのですが、この曲に深い感銘を受けた松浦さんが発売当初より自身のラジオ(ANNなど)で定期的に流していました。それが高じて(?)このライブで遂にカヴァーが実現したという運びですね。

もちろん、個人的にも大好きな楽曲。昔の曲を色々聞いていて、ふと久々に聴きたくなったので、このコーナーでピックアップしてみました。






以下で原曲も紹介。

気ままに名曲セレクション(7) 長瀬実夕「Snowy Love」

なんか、前回更新から今日までの間にえらく大変なことがあったようですが、話題に上がると、よりピンポイントな曲を聴きたくなってしまうのが人間の本能というもので・・・

ってことで、今日は04年12月リリース、長瀬実夕さんのソロ2ndシングル「Snowy Love」をチューニング。オリコン最高10位、ソロデビュー曲からわずか2週間のスパンで放たれた作品でした。この当時他に買いたい曲が多すぎて泣く泣く回避したけど、TSUTAYAで借りて録音した音源を何十回と聞いた記憶が残っています。いつか生で聴くんだと思いつつ、結局叶わなかったんだよなあ。。





13シーズン 楽天の青写真

今日の阪神戦、ちらっと見てたのですが、マギーはサードメインなのか、ファーストメインなのか・・・その他にも複数ポジションに対応する選手が多い関係上(対応することと守備が上手いかどうかは別問題ですがw)予想も難しいですが、ひとまず今日のスタメンなども参考に書いてみます。

投手の△は左腕、野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち ※は故障等で開幕微妙

投手

先発
右腕    田中将大 釜田佳直 美馬学 
次候補 ブランドン・ダックワース  菊池保則 永井怜

左腕   辛島航
次候補 塩見貴洋  (金刃憲人) (川井貴志) 藤原紘通 森雄大


中継ぎ
右腕   ダレル・ラズナー 小山伸一郎 斎藤隆
次候補  加藤大輔 高堀和也 武藤好貴 則本昴大 橋本義隆 福山博之 

左腕   ジミ・ハウザー 片山博視
次候補  (金刃憲人) (川井貴志) 星野智樹 長谷部康平  

抑え
青山浩二
次候補
ダレル・ラズナー


野手
△8聖澤諒
△9鉄平
◎6松井稼頭央
Dアンドリュー・ジョーンズ
△4銀次
ケイシー・マギー
5西田哲朗
2嶋基宏
△7島内宏明

△岡島豪郎(捕手)
※小山桂司(捕手)
△小斎祐輔(一塁・代打)
高須洋介(三塁・代打)
△※藤田一也(内野)
△枡田慎太郎(内外野)
中島俊哉(外野 対左)
△榎本葵(外野)
牧田明久(外野)

13シーズン 楽天の補強戦略 1月版

今回はバリバリメジャリーガーや出戻りメジャリーガーなど話題を呼ぶ新戦力が多く加入したイーグルスのストーブリーグについて。

投手の△は左腕 野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち

IN
△森雄大  投手  ←東福岡高(ドラフト1位)
則本昴大 投手    ←三重中京大(ドラフト2位)
△大塚尚仁  投手  ←九州学院高(ドラフト3位)
下妻貴寛  捕手  ←酒田南高(ドラフト4位)
島井寛仁  外野手 ←熊本ゴールデンラークス(ドラフト5位)
△柿澤貴裕 外野手 ←神村学園高(ドラフト6位)
宮川将   投手   ←大阪体育大(育成ドラフト1位)

△金刃憲人 投手  ←巨人(トレード)
△星野智樹 投手  ←西武(フリー)
福山博之  投手  ←DeNA
斎藤隆    投手  ←ダイヤモンドバックス(MLB)
仲澤広基  内野手 ←巨人(トレード)
ケイシー・マギー 内野手 ←ヤンキース(MLB)
ラファエル・ポロ 内野手 ←ヤンキース・マイナー(育成選手)
△森山周  外野手 ←オリックス
アンドリュー・ジョーンズ 外野手 ←ヤンキース(MLB)
エドガー・ララ 外野手 ←カージナルス・マイナー(育成選手)


OUT
ケルビン・ヒメネス 投手 →斗山ベアーズ(韓国)
△佐竹健太  投手  →引退(楽天・打撃投手)
山村宏樹   投手      →引退 
△有銘兼久  投手  →引退(楽天・球団職員)
川岸強    投手  →引退(楽天・球団職員)
△下柳剛    投手  
川島亮    投手
井野卓    捕手  →巨人(トレード)
△岩村明憲  内野手 →ヤクルト(フリー)
△草野大輔  内野手 →楽天・球団職員(アンバサダー)
△稲田直人   内野手 →野球解説者
△ブレッド・ハーパー 内野手
ホセ・フェルナンデス 内野手 
ルイス・ガルシア 内野手 
△横川史学 外野手 →巨人(トレード)
△中村真人 外野手 →引退
ルイス・エンリケ・テレーロ 外野手続きを読む

13シーズン ヤクルトの青写真

投手の△は左腕 野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち ※は開幕微妙または絶望

投手

先発
右腕   館山昌平 オーランド・ロマン
次候補  七條祐樹 (増渕竜義) ※由規 (石山泰稚

左腕   石川雅規 赤川克紀 村中恭兵
次候補   (日高亮) 八木亮祐 中澤雅人 ウーゴ


中継ぎ
右腕   押本健彦 山本哲哉 松岡健一 (増渕竜義)
次候補  平井諒 松井光介 藤田太陽 阿部健太 小川泰弘 (石山泰稚

左腕   (日高亮)
次候補  久古健太郎 太田裕哉 正田樹 江村将也 

抑え   バーネット
次候補  山本哲哉  


野手

△8雄平
4田中浩康
7ミレッジ
9バレンティン
△6川端慎吾
5宮本慎也
3畠山和洋
2中村悠平

相川亮二(捕手)
川本良平(捕手)
△松井淳(一塁・外野)
△森岡良介(内野)
△藤本敦士(一塁・代打)
岩村明憲(三塁・代打)
△武内晋一(一塁・外野)
山田哲人(遊撃)
◎三輪正義(内外野・代走)
飯原誉士(外野・代打)
△上田剛史(外野)
比屋根渉(外野・代走)

13シーズン ヤクルトの補強戦略 1月版

とっくに2月になってるぞという突っ込みがあると思いますが、あくまでキャンプ前を区切りに今オフの補強を見ていこうという趣旨になっています。その割にキャンプ以降の情報も入ってるぞというツッコミは今後多く出てくることでしょうけど、そこは入ってきたものはしょうがないじゃないかというスタンスですw


投手の△は左腕 野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち


IN
石山泰稚  投手  ←ヤマハ(ドラフト1位)
小川泰弘  投手  ←創価大(ドラフト2位)
田川賢吾  投手  ←高知中央高(ドラフト3位)
△江村将也 投手  ←ワイテック(ドラフト4位)
星野雄大  捕手  ←四国IL・香川(ドラフト5位)
谷内亮太  内野手 ←国学院大(ドラフト6位)
大場達也  投手  ←日立製作所

藤田太陽  投手    ←西武
△岩村明憲  内野手  ←楽天

OUT
小野寺力  投手  →引退(西武球団職員)
一場靖弘  投手  
△加藤幹典  投手  →引退(ヤクルト本社職員)
△渡辺恒樹  投手  →ヤクルト・打撃投手
山岸穣    投手  →引退(西武球団職員)
木下達生  投手  →引退
上野啓輔  投手
福川将和  捕手  →引退(ヤクルトブルペン捕手)
麻生知史  内野手
◎福地寿樹  外野手 →引退(ヤクルト2軍コーチ)
宮出隆自  外野手 →引退(→ヤクルト2軍コーチ)
△北野洸貴  外野手
曲尾マイケ 外野手 
続きを読む

13初場所各種予想結果 (1) 幕内優勝

決して成績が良くなかったからトンズラしてたわけではありません。ただ、タイミングがうまく見つけられずにいつの間にか2月も中頃になってしまったので、少しずつでも書いていかなければなと。毎度のことですが、いっぺんに書こうとしすぎるから、かえって面倒くさくなっちゃうんですよね。

では今日は幕内優勝関連について、優勝力士と予想力士、さらに白鵬についても少しだけ触れておきます。


優勝 日馬富士 15-0
まあ、前ブログ時代ですが、新横綱で9勝に終わった九州を受けて「心配していない」と書きましたし、もちろんその心境に偽りはなかったのですが、まさか全勝優勝とは・・・1年に3度全勝なんて大横綱クラスでもそうそう出来るものじゃないですからね。
九州の内容について、横綱本人は幾度か「見てしまった」という表現を使っていましたが、改めてキレキレの今場所と内容面を見比べてみれば、立合いにせよ、二の矢にせよ、詰めの流れにせよ、速さであり強さであり、少なからず動きの質に違いがありますよね。「日馬富士としての横綱相撲」を見事成就させた場所でしたし、勝ち星が伸びていくに連れて内容が良くなっていくあたりは貫禄さえ漂う連日の光景でした。
一応前ブログでは年2回優勝という予想を掲げたのですが、来場所早々にそれをクリアしてしまうのか否かで今年1年の勢力図にも小さからぬ影響が出てきそう。楽日白鵬戦の内容があまりにも良かっただけに、期待したい気持ちは非常に強くなっているのですが、さて・・・

予想 豪栄道 13-2→8-7
いや・・・見事なまでに外れたなあ。キッカケというには十分な九州の活躍に加え、場所前にはおっつけの勝ち味が身につきはじめて、内容面でも長足の進歩とか、3代目若乃花の相撲をよく観ているなんていう記事を見て、飛びつかざるを得なかったわけですが、結果としては型がないとか、脇が甘いとか、安易な引き技で墓穴を掘ったりとか、従来的な不安や課題ばかりが顔をのぞかせた場所でした。
ただ、稽古量だけは文句なしに積んできましたから、その賜物で勝てたような相撲があったりもして、どうにか勝ち越せたことだけは救い。ホント5番とかでも不思議じゃない内容でしたからね。。
来場所に向けては、体も大きくなってきてるし、日々積み重ねている量と質自体には間違いはないはずですから、それを続けるのみでしょう。今がもっとも力が出る時期であること自体は変わりないですから、現実的には「ステップの場所」となる地元の春でぜひとも再度二桁以上の勝ち星を残してほしい。


白鵬 12-3
まったくもって不用意な3日目の妙義龍戦は別にして、終盤に入るまでは概ね堅調。とりわけ大鵬さんの訃報が入った7日目以降は両関脇戦をはじめ、この段にして改めてその集中力の凄まじさに驚嘆させられる完勝続きで「大横綱の威信」を魅せつけてくれました。
ただ、妙義龍、琴欧洲、日馬富士と敗れた3敗はいずれも生命線の立合いで相手十分に踏み込まれての完敗。とりわけ琴欧洲戦は先場所の負け方から修正することできずに、今回も右カチ上げ気味の甘い踏み込みに乗じて、あっさりと左前廻しを許してしまいましたから、欧洲を褒めるべきであるにせよ、どこか気がかりでもどかしい気持ちが残るんですよね。まあ、欧洲戦以降の上位戦で崩れずにきっちり12勝していることや勝った相撲の力強さを見れば、あまり気にしすぎることもないのかなとは思いますけどね。

しかし、トーナメントの千代大龍戦はビックリしました(苦笑)ただ、組みとめからでも、ああいう技を持ってるということはまったく想定外の事だったでしょうから、もう同じ間違いはしないはず。それとともに、まだ本場所で当たっていない力士にもそれくらいの力はあると気持ちを引き締める何よりの材料となったことでしょう。今は早く狩りを返したくてウズウズしてるんじゃないでしょうか(笑)


では、次回以降も、野球の更新と順繰りさせながらゆっくり書いていきます。




13シーズン オリックスの青写真

では、あくまで現段階の青写真として大まかな輪郭を描いてみたいと思います。もしかしたら、もう1つ、2つ何かあるのかという気がしないでもないですが。。

投手の△は左腕 野手の△は左打ち 野手の◎は両打ち ※は故障で開幕微妙

投手

先発 
右腕  西勇輝 金子千尋
次候補 東野峻 アレッサンドロ・マエストリ 塚原頌平 (岸田護) (ブランドン・ディクソン

左腕  八木智哉 前田祐二
次候補 (海田智行) ※井川慶 (スティーブ・ハモンド) 

中継ぎ
右腕 馬原孝浩 佐藤達也 (岸田護)
次候補 小松聖 比嘉幹貴 平井正史 ミンチェ 桑原謙太朗 (ブランドン・ディクソン

左腕 中山慎也 吉野誠
次候補 松本幸大 (海田智行) (スティーブ・ハモンド


抑え   平野佳寿
次候補 馬原孝浩 岸田護


野手

TYPE1
8△坂口智隆
4△平野恵一
9△糸井嘉男
3李大浩
7△T-岡田
5アーロム・バルディリス
D△後藤光尊
2伊藤光
6安達了一

TYPE2
7△坂口智隆
9△平野恵一
8△糸井嘉男
D李大浩
3△T-岡田
5アーロム・バルディリス
4△後藤光尊
2伊藤光
6安達了一

齋藤俊雄(捕手)
伏見寅威(捕手)
高橋信二(一・DH・代打)
△小島脩平(内外野)
縞田拓弥(内野)
川端崇義(外野)
ヴィニー・ロッティーノ(内外野・捕)
◎野中真吾(外野)
竹原直隆(外野・DH)
△梶本勇介(内外野)
最新コメント
アクセスカウンター