多方面要素複合系。ブログ 新館

5年以上続いた多方面要素複合系。ブログ(http://bit.ly/dnktQj)の後継ブログ。基本的に更新スタイルに変わりなく、スポーツ観戦と企画もの記事、予想記事等が中心、隙間の時期に音楽関係の記事を更新できればと考えています。

※コメント欄に関して、投稿の内容・投稿者間での議論等、基本的には制限を設けませんが、他の方のコメントや特定のチーム・個人等に対する度を超えた批判や中傷、記事内容と直接関係のないコメントの投稿はご遠慮ください。 また、そのような投稿に関して、レスをしないことや予告なく削除をすることもありますので、予めご了承ください。

10代目トップページ

4月4日 祝 大阪桐蔭優勝!
大阪桐蔭の連覇で幕を閉じた今年のセンバツ
あの悲劇的で残酷な夏の結末を経て、今日中川キャプテンが紫紺の大旗を抱く姿にはジーンとさせられましたし、本当に立派という言葉では表しきれない大偉業だなと強く感じています。
もちろん、昨日も勝敗予想記事で書いた通り、今日の日はあくまで一つの通過点。ほんとうの意味で昨夏の借りを返すべく、ここからの更なる活躍を期待してやみません。

私的大会ベストナイン
投手  増居(彦根東)
捕手  高内(彦根東)
一塁手 小川(三重)
二塁手 黒川(智辯和歌山)
三塁手 中川(大阪桐蔭)
遊撃手 根尾(大阪桐蔭)
外野手 藤原(大阪桐蔭)
    梶田(三重)
    原田(日本航空石川)

本当は投手:根尾くんで行きたかったのですが、どうしても増居くんを選びたかったので。。
女房役の高内くんも攻守における貢献度を考えれば受賞に値する存在と言えるでしょう。


4月2日
好敵手が第1試合で勝負をかけてきました。1差で前を行く側として、余計な発言で予想に影響を与えてはならないと昨日は何も書かなかったのですが、今は最終盤での大一番実現に心踊る思いがしています。
14日目に決めるか、楽日相星決戦か、まずは明日の結果を見届けたいですね。

4月1日
センバツは4強が出揃いました。
00年センバツ決勝の再現&14年選手権決勝の再現 名門同士の好戦が期待されますね。

勝敗予想は去年に続く好調で現在28勝4敗。残り3試合で2つ取れば30勝に到達しますから、何とか4強で決めてしまいたいところ。すでに相模&桐蔭で提出しています。

3月21日
今日はどっと疲れたので手抜きですが、智辯学園敗退により別ブログの今大会分更新が終了しましたので、8強以降はここで真面目に見どころ等書いていこうかなと思っています。

勝敗予想はまずまずの成績で来ているだけに、明日が大きな勝負どころ。全部取れれば30勝到達も夢ではなくなってきます。

3月20日
8強予想は明日(21日)に出します!全試合予想は1日おきを原則にやっていこうかなと思っています。個人的には今回結構難しいんですよね…

3月15日
ご無沙汰です。ヨッシーさんいつもの更新お疲れ様でした&公開ありがとうございます。
いよいよ明日が組み合わせ抽選、今年は3年ぶりに春場所との日程重複が2日のみということで、ゆっくり観る時間がありそう&生観戦にも行けそうです。
ブログの更新としては、例のごとく得点(別ブログで公開済)&8強予想&全試合予想の三本立て。試合記事については、ひとまず智辯学戦優先(専門ブログにて)ですが、状況によっては…という感じですね。

生観戦は当然日程に縛りがあるわけですが、なんとか智辯(学園)or東邦or聖陵の初戦が観れればいいなあ…初日・2日目は無理なので、智辯が毎度のごとく初日を引かないことを願うばかり。

1月26日
決まりましたね。詳細は2月になってからシーサーの方で書きますが、ともあれ滋賀勢3校出場というのは、予想屋冥利に尽きる会心の的中でしたし、傾向を変えて指名した伊万里の選出も嬉しかった。
21枠の東・四国のラス1・ひねくれすぎた選出順など反省すべき点もありますが、国栃・三重の的中も含め、全体的には及第点のつく結果になったのかなと思っています。

1月19日
今年から予想傾向変えたんですよね。去年までなら由利工・高知追手前(下関西)・膳所にしてたと思います。さてどっちに出るでしょうか。

1月18日
出場校予想一覧(補欠の予想は21枠のみとしています)

21枠 東:大垣西 西:膳所 ラス1:伊万里 補欠:①由利工②高知追手前
北海道 駒大苫小牧 
東北 ①聖光学院②花巻東③日大山形 
関東 ①中央学院②明秀日立③慶応④東海大相模⑤国学院栃木
東京 ①日大三
東海 ①静岡②東邦③三重
北信越①日本航空②星稜③富山商
近畿 ①大阪桐蔭②智辯和歌山③近江④乙訓⑤彦根東⑥智辯学園
中国 ①おかやま山陽②下関国際③瀬戸内
四国 ①明徳義塾②英明③松山聖陵④高松商
九州 ①創成館②富島③延岡学園④東筑

1月10日
ご挨拶がたいへん遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

で、出場校予想なのですが、ダラダラ更新に取りかからないうち、毎日新聞での21世紀枠候補紹介の連載が始まりましたので、全部読み終わるまでは棚上げします。遅くとも1月20日までには公開しますので、もう暫くお待ち下さい。 

18センバツ 勝敗予想

3月23日
ごめんなさい、8時半頃の更新で2日目第3試合の予想を誤って記入していました。膳所→航空石川に変更です。これでZが勝ったら勝敗予想史上有数のフラグですね。


初日 2-1
聖光学院
②英明
明秀日立

開幕戦は最後の最後まで悩んで日和りました。心境としては、ちょうどお昼休みの時間帯、勝って東筑の美しい校歌が響く瞬間を見届けたいということに尽きるんですけどね…

2日目 5-1
日大三
静岡
日本航空石川

今日の第2試合を取れていたら2差に拡げるべく明日の第2試合でも攻めるつもりでしたが、負けたのでおとなしく大勢に従う。

3日目 8-1
明徳義塾
智辯和歌山
智辯学園 

第1と第3は世評ほど安泰と思っていませんが、まあ下馬評優位サイドが負けるまでは逆らわないでおこう。

4日目 10-2
創成館
大阪桐蔭
③東邦

明日も下馬評通り。しかし、智辯は8強予想で名前を挙げた2人がそのままヒーローとは(笑)苦しい試合でしたが、本当によく乗り越えました。東北アレルギー作らなくて良かった…というのも割と大きいです。

5日目 12-3 髙安・魁聖と相星かw
東海大相模
②延岡学園
明秀日立 

第1試合は、初戦を観る限りやはり聖光の仕上がりがもう一つということで、方針変換せず相模で。
ポイントは第2試合か。大会の流れとして、強打を売りにしているチームの初戦にはかなり懐疑的にならざるをえないのですが、国栃も3本の矢の一角が前の試合で負傷退場している分、立ち上がりに不安を抱えそうではあるんだよなあ。延岡学園の守りも決して悪くないと聞くので、4点くらいの勝負になっても競り勝てると見た。


6日目 15-3 
彦根東
乙訓
近江

チャレンジ対象は第1試合&第3試合。ただ、ここ2日を見ていると、下馬評が覆されるのは1日1カードまでか…
四国勢の初戦3試合が芳しくないことにも鑑みて、第3試合は大勢に従う。



7日目 17-4
星稜
②日大三
東海大相模

第3試合は今大会の趨勢を見極める上でも非常に重要な一戦となりそう。相模は強敵相手ですが、できれば斎藤くん以外の投手を先発させて乗り切りたいですね。
予想は、我慢して我慢してようやく英明の分の負けを取り返せましたので、本当にここからです。


8日目 20-4
日本航空石川
智辯和歌山
創成館 

第1試合は「探りの一手ですね。今はまだ全容を明かしませんが、これが上手く行くかどうかで明後日以降の予想もガラリと変えていくつもりです。 

9日目 24-4
大阪桐蔭
花巻東
三重
星稜 

第1・第2は予想も偏りそうですが、残り2試合が難しい…近畿勢好調の中、1日3敗予想には勇気が要りましたが。。

10日目(8強) 28-4
東海大相模
智辯和歌山 
大阪桐蔭
三重

長く展望を書こうと思ったのですが、淡々と更新していくスタイルで勝ち続けてるので、ゲン担ぎの意味でも同じ路線を続けようかな。票割れ起こすのは第2試合だろうけど、個人的には迷わず!です。寧ろ心配しているのは、なんとなく昨夏と同じ臭いがする桐蔭の方。田中くんに手こずっても柿木くんが序盤しっかり立ち上がれば大丈夫だとは思うのですが…

11日目(4強) 29-5
①東海大相模
大阪桐蔭

休養日も挟んで、そう簡単に30勝させてもらえるかなあという不安も湧いていますが、ここまで来たら迷わず王道を往くのみかなと。

12日目(決勝) 30-5
大阪桐蔭 

好敵手との楽日相星決戦を乗り越え、30勝に届くか。もとよりこの世代の桐蔭に敗退予想はしないと決めていますが、その重要な折り返し地点を迎えました。まずは史上3校目のセンバツ連覇へ…今日死地を脱するような思いを経験できたことが、必ず生きてくるだろうと思っています。


<最終結果>
ミー○ーのそしりを甘んじて受け止め、桐蔭本命視を貫いたことによる果実が最後の最後で実ったのかな。どうにかこうにか、事実上記念大会のみ実現可能な「30勝ライン」に到達することができました。
去年の25勝を経て、好成績を続けられたのも嬉しいポイント。例年のような「大やらかし」もなく、終始落ち着いて予想を進められたのかなと思います。

正直、センバツに関してはもう「これ以上」がないところまで来たような気もしますが、まあ来年のことは来年になってから考えるとして、まずは「夏」です。夢は大きく45的中を目指し、出来る限りで目一杯情報収集等に励んでいきたいですね。

18センバツ 8強予想

Aブロック 東海大相模
・聖光は投手陣をはじめ、今ひとつ直前期の戦績が芳しくないようで、この激戦ブロックを乗り越えられるのか…
・東筑もさすがに3つ続けての大物食いは厳しい
・静岡VS駒苫の勝者が不気味で堪らないですが、ここは初戦負け属性に目を瞑り、無難に東海大相模で

Bブロック 明徳義塾
・神宮大会の再戦は明徳が優勢
・航空石川は明徳が苦手な力押しタイプのチームですが、まだまだ市川くんが元気な時期ゆえ封じ込めそうか。

Cブロック 智辯和歌山
・10年代屈指の大型戦力を揃えてきた智辯和歌山が優勢
・対抗できるとすれば、5点以上の勝負が計算出来るチーム。延岡学園が一番手だろう。

Dブロック 創成館
・神宮準優勝の総合力はダテじゃない。創成館が堂々の本命
・他3校の力量差は僅少、創成館としてはいずれも与し易いタイプの相手だろう 
・智辯情報としては、右の本格派川釣と2年生の大砲藤村の大駒2枚がスタートのメンバーとして起用されそうな勢いということで、秋と比べて投打に見栄えがするようにはなっているのかなと。ますます14年のチームに近くなってきた感じがしています。

Eブロック 大阪桐蔭
・桐蔭独走
・対抗できるとすれば明秀日立。ただ、打倒桐蔭という意味では左腕エースを擁しないのが惜しい。序盤のビッグイニングで慌てさせられるか。

Fブロック 東邦
・「春の東邦」というよりは、一昨年の明石商戦のように淡白に負けるときのイメージが強いだけに、曲者揃いのブロックを勝ち抜けるか。自信はないですが、他校にも決め手はないので、おとなしく1番人気で。

Gブロック 日大三
・考え始めるとドツボにハマるブロック。ノータイムのネームバリュー優先で。 

Hブロック 松山聖陵
聖陵は土居くんの状態が悪いという情報も鑑みての得点ゲーム5点なのですが、遅い登場となったことに救われるか。1箇所くらい勝負をかけたいので、攻めてみようかな。

2018Jリーグ順位予想

理由を書く時間が…とりあえずこっそり順位だけ書いときます。とりあえず「相変わらず瓦斯好きだなあ」とだけ思ってもらえれば(笑)

1鹿島
2浦和
3川崎
4C大阪
5F東京
6G大阪
7柏
8鳥栖
9磐田
10仙台
11広島
12横浜FM
13名古屋
14湘南
15神戸
16札幌
17清水
18長崎 


J2
1大宮
2甲府
3新潟
4徳島
5千葉
6福岡
7松本
8山形
9京都
10東京V
11大分
12岡山
13金沢
14山口
15横浜FC
16栃木
17熊本
18岐阜
19町田
20讃岐
21愛媛
22水戸


J3
1群馬
2北九州
3秋田 
4富山
5鹿児島
6長野
7琉球
8沼津
9藤枝
10FC東京U-23
11相模原
12福島
13C大阪U-23
14鳥取
15G大阪U-23
16YS横浜
17盛岡 

9代目トップページ

12月31日
当ブログをご覧くださっている皆様、今年もありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。

来年の上半期でトップページも10代目…もはや新館でもなんでもなくなりましたね(笑)

12月17日
年末企画として豆データブログで新連載を開始しました。年内には書き終えるかと思います。

12月16日
地区推薦の予想は7校的中。2分の1まで残ってくれた近畿と、チャレンジ上等で挑んだ九州ということで、まあそんなもんでしょう。
全出場校の予想はおそらく正月明け、1月10日までには…という感じかなと。多少早まる余地もあるにせよ年内の更新は絶対にない(取りかかるつもりがない)ので、しばらくは思考を寝かせて、しかるのち冷静な頭で予想できればと思っています。

しかし、いわゆる軸となる存在が不在ゆえ、その高校を起点とした「テーマ」による結びつけも困難ですし、今年の21枠は本当に難しくなりそうですなあ。

12月9日
市川越の推薦辞退に伴い、関東の予想は藤岡中央に変更します。なお選考詳細は某所にて公開(コメントは不可仕様)しております。

11月22日
詳細は後日別の場所に書きますが、九州場所中は無理そうなので、先に一覧だけ。

北海道 函館工
東北  由利工
関東・東京 市川越
東海  大垣西
北信越 金津
近畿  法隆寺国際
中国  下関西
四国  追手前
九州  熊本商


11月15日
明徳の神宮大会枠獲得による常連さんのコメントを見るに、四国の高校野球好きである管理人がものすごく口を挟みづらい雰囲気ですが(汗)まあ、ぼちぼち予想を組み立てていかねばならんのも事実。21枠の府県推薦が出揃ったあたりから更新を始めていこうかなと思っています。
ちなみに、四国の21枠獲得の成否については、球串さんも書かれている通り、九州と北信越の推薦が鍵を握ってるのでしょう。どこがどうとは書きませんが、慣例を覆してちゃんと当確を取りに来てもらいたいものです。

11月5日
セレッソのルヴァンカップ優勝(と初の主要タイトル獲得)、今回は別の用事がありどうしても遠征できませんでしたが、00年1stステージの最終節、05年の最終節を長居で現地観戦した端くれとしても(笑)本当に大きな感動をもらいました。
複数の競技にまたがり、贔屓関連で「もう一歩」に泣かされてどんより沈んでいた管理人の気持ちもパッと晴れやかに澄み渡り、今年最大の喜びによって齎された幸福が、一日経った今も心地よく心に響き続けています。

去年の今頃を思えば、ただただ信じられないという言葉しか出てきませんが、然しこのタイトルをキッカケに、選手もスタッフもサポーターも、もっともっと前向きになって、2つ目3つ目のタイトル獲得に向け前進あるのみ。
まずはACL出場圏、そして残り2つに迫った天皇杯タイトルの成就に思いを費やしましょう。



神宮予想ですが、最終日に堅いところで2つ頂いて、どうにか帳尻合わせ。神宮大会はしっかりと観て、来センバツに向けた戦力分析を進めておきたいと思います。

10月26日
1位入札予想は、自己最多タイの10球団的中。ただ、残り2つも十分当てられた、こんなチャンスはそうそうやって来ないのに…という後悔の方が強いですね。

10月7日
今年は結局分析の時間を十分には取りきれなかったので(最低限は調べてますが)、予想は10年前との比較で決め打つ型にハメてみようかなと(単に思い入れ重視で選んだ札幌大谷が他愛もなく負けてしまったことも影響しています)。
具体的には…

東北
2強地区から一転、仙台育英に覇権を握られかけていた東北が秋王者を奪い返した10年前と対照させて、隔年法則が崩れ盛付に連続出場を許している花巻東の再起を期待

北信越
10年前長野日大を初の甲子園に導いたベテラン指揮官が…とここまで書けば後は「皆まで言うな」でしょう(笑)

東京
ここは書き始めると長くなるので省略。鍵垢の方に書くかも…

9月27日
神宮出場校予想(各地区優勝校予想)だけやっておきたいなと思います。
とりあえずは北海道は長年の贔屓校札幌大谷で。

8月23日
花咲さん、悲願の県勢初優勝おめでとうございます。数年前の夏には県大会開幕戦で敗れたような記憶もありますが、甲子園でも初戦敗退が続く苦しい時期を乗り越え、3年連続、あるいは去年のセンバツも含めた一連の経験が「甲子園で勝てるチーム」としての種となって、今夏大きな花を咲かせました。我らがカープに在籍する1個上の高橋先輩もきっと大変な喜びようでいることでしょう。

※今夏は途中からすっかり往年を思わせる天理野球に魅了されてしまい、奈良県ブログの方にのめりこんでしまったため、大会全般にわたる更新が出来る状態ではなくなってしまいました。来春以降の更新も基本的には県勢の勝ち上がり次第となりそうですが、無理しない程度にやっていければと思っています。

とりあえず次は秋ですが、こちらも奈良県ブログと大相撲ブログに専念したいので、去年同様21世紀枠地区代表予想からのスタートとする予定です。


8月3日
「ひよっこ」のお父さん、初登場時からあまりにも男前、かっこ良すぎるという違和感を抱きながら観ていましたが、なるほど、確かにあのルックスでなければ川本さんがわざわざ自分の家に連れて行くわけがないわなと妙な納得をしてしまった(苦笑)おっさん上がり込ませてもあの画に説得力が出ないですw

17秋 神宮大会出場校予想 

北海道 札幌大谷 
東北  花巻東
関東  高崎健康福祉大高崎
東京  日大三
北信越 日本ウェルネス
東海       東邦 
近畿  大阪桐蔭
中国  開星
四国  鳴門
九州  東筑 

2017ドラフト 1位指名予想

清宮 ロッテ ヤクルト 日ハム 巨人 阪神 ソフバン 
中村 中日 広島
田嶋 オリックス DeNA  西武
東  楽天


これで行く!なお変更加える場合は、投稿時間を明記した上で行います。 

2017ドラフト 1位指名予想の考察

今年も1位入札の予想のみを。この記事で情勢をまとめつつ、最終予想は例年通り明日のお昼ごろに投稿いたします。
指名自体への是非等は書き始めたらキリがないので、また別の機会に…ということで。


10月25日夜8:00時点 とりあえず第1弾 最新情報が入り次第追記します。
10月26日朝時点 朝刊の報道を踏まえ、一部追記しました。


広島 中村
明言済み。

ソフトバンク 清宮
ドラフト前日に明言

阪神 清宮
明言済み

西武 田嶋
ドラフト前日に明言

横浜 
高校生か即戦力投手か。高田GMは清宮、安田、東、田嶋の4人を1位候補として挙げたようですが、この4人に絞られたかどうかまでは不明。中村という声も根強いのですが、さて…

→結局4択に絞られたということのようですね。朝刊報道では清宮に4つ、田嶋に2つ。これは本当に悩ましい…

楽天 
高校生の1位指名が有力視されるものの、前日時点で具体的な名前は公言せず。清宮か安田か中村かはたまた…

→朝刊報道では清宮と中村に割れ、しかもスポニチが最新版で中村→東に変更というめちゃくちゃ怖い動きも…
去年のことを考えると、安田の線も完全になくなったとは言えないんだよなあ。

巨人 
巨人も現時点での明言はないのですが、今朝の報知で清宮1位指名の方針という記事が出ており、明日の同紙がスタンスを変えているかどうかが見極めのポイントか。

→朝刊は報知はじめ全紙が清宮。ここは素直に行こうかな。

オリックス 田嶋
ドラフト前日に公言 西武との競合か、もう1つ2つ増えるのか。

中日 
清宮・中村・鈴木博・石川(青藍泰斗)らの名前が挙がるも、現段階で明言せず。森監督は中村っぽいことを仄めかしたようですが、去年も今井に行くような気配を出しながら蓋を開ければ柳でしたからね…
日刊にも同趣旨の記事が載ってるけど、信頼のニッカンと評されつつ中日の予想はそんなに当てていないので何とも言えないところ。報道で言えばやはり最新の中スポを待ちたいなと。

→中スポ、デカデカと中村一面か~これは流石に決まりかな。

日本ハム
清宮・田嶋らが有力も、前日時点で明言せず。この球団らしさということで行けば、断然清宮だとは思うのですが・・・仮に明日の朝刊で全紙同じ名前が挙がるようなら、その選手にするつもりではあります。

→朝刊は全紙清宮。巨人同様、ひねらず行きます。

ヤクルト 清宮
明言済み

ロッテ 
高校生野手の1位指名方針を確認とのことで、清宮・安田のいずれかが有力視されています。 
ロッテに関しては13年の石川、15年の平沢という低配当を当てているスポニチの信頼度が高いのですが、体制が変わったタイミングでもあり、一概には言えないか… 

→スポニチは清宮か。ロッテが高校生の競合に出る場合って、大競合参戦か、あらかじめ単独狙いで公言済みのところにぶつけるかなので、その点からも今回は清宮の線が濃いのかな

17選手権ベストナイン 

投手  徳山(大阪桐蔭)
捕手  中村(広陵)
一塁手 安原(天理)
二塁手 千丸(花咲徳栄)
三塁手 森本(天理)
遊撃手 田中(東海大菅生)
外野手 西川(花咲徳栄) 
外野手 丸山(前橋育英) 
外野手 濱田(明豊)

次点
投手  長谷川(仙台育英)
捕手  須永(花咲徳栄)
一塁手 柳沼(聖光学院)
二塁手 小玉(東海大菅生)
三塁手 亀岡(済美)
遊撃手 泉口(大阪桐蔭)
外野手 高田誠(広陵)
外野手 谷口(神戸国際大付)
外野手 神野(天理)

17選手権 8強予想と勝敗予想星取り表

<勝敗予想星取表>
赤鯉 ○●●/●○○○/●○○○/●○●○/○○○/○○○○/○●●○/○○○●/●○●/○○○●/●○○●/○○○○/●○/●/32-16

ヨッシーパーク ○○●/○●●○/○○●○/●●●○/●○●/●●●●/○●●○/○●●●/●○○/●○●○/○○○●/○○●●/○○/○/24-24

球串 ○●●/●○○○/●○○○/●○●○/○●○/○●○○/●●●○/○○○○/●○○/●●○○/○●○●/○○●○/○○/○/31-17

<8強予想>
6日朝の提出後に鍛冶舎監督勇退の報道を知りました。迷いましたが、あえて変更を入れてみます(変更前は中京大中京)。

管理人の予想
Aブロック 大垣日大
Bブロック 二松学舎大付
Cブロック 神村学園
Dブロック 彦根東
Eブロック 盛岡大付
Fブロック 前橋育英
Gブロック 秀岳館
Hブロック 大阪桐蔭

ヨッシーパークさんの予想
Aブロック  北海
Bブロック 下関国際
Cブロック 神村学園
Dブロック 彦根東
Eブロック 藤枝明誠
Fブロック 明徳義塾
Gブロック 中京大中京
Hブロック 大阪桐蔭 

球串さんの予想 
Aブロック 神戸国際大附 
Bブロック 二松學舍大附 
Cブロック 明豊 
Dブロック 高岡商 
Eブロック 作新学院 
Fブロック 前橋育英 
Gブロック 中京大中京 
Hブロック 大阪桐蔭  

yukiさんの予想
Aブロック 北海 
Bブロック 二松学舎大付 
Cブロック 京都成章 
Dブロック 高岡商 
Eブロック 作新学院 
Fブロック 前橋育英 
Gブロック 秀岳館 
Hブロック 大阪桐蔭 
最新コメント
アクセスカウンター